猫にイカをあげちゃダメって知ってた!?ほかにも危険な食べ物って?

疑問解決法

 

猫が好き。

 

一緒に暮らしいる、
もはや家族同然のメンバーです。

 

 

最近、気になる情報を聞きました。

 

どうやら

「猫にイカを食べさせたらダメ!」

らしい。

 

そうだったの?!
それ、知らなかった…。

 

 

もしかして、
他にも猫に与えてはいけない物って
あるのでしょうか。

 

 

それでは、今回は猫にまつわる
危険な食べ物について
ご紹介致します。

 

猫にいかをあげるとどうなっちゃうの?

スポンサードリンク

 

猫にイカを与えてはいけない…。

ご存知でしたか!?

 

猫とイカの注意点をご紹介致します。

 

1.まずは、イカの成分を知りましょう。

イカには、チアミナーゼという
酵素の一部が含まれています。
これは、ビタミンB1を壊す働きがある
と言われています。

 

2.猫とビタミンB1の関係は?

猫は人間の7倍の量の
ビタミンB1の摂取が必要
と言われています。

猫はビタミンB1を
必要としているのに、
ビタミンB1を壊す働きがある成分を含む
イカを食べるとどうなるでしょうか。

  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 運動紹介
  • 覚障害の原因

となると考えられています。

 

結果、猫がイカを食べると、
猫に必要な栄養素を
吸収されてしまうため、
栄養不足になり、
重症化すると立てなくなることも
あるそうです。

これが、
【猫にイカをあげてはいけない理由】です。

 

 

でも、実はうちの猫、
イカが好きなんです…

 

 

「知らずにちょっとあげたら
イカ好きになった」

「イカの味にはまってしまった」

という場合はどうするべきでしょうか。

 

実は、イカの食べさせ方によってはOK
ということもあるようです。

イカに含まれているチアミナーゼが、
ビタミンB1を壊す働きがあると
ご紹介致しましたが、
このチアミナーゼは
熱を加えると働きが弱くなるそうです。

加熱して、焼きイカにすると
猫も食べてもOK
と言われています。

 

乾物もOKといわれているので、
裂きイカやするめも大丈夫
と言われています。

 

その他猫にあげてはいけない物は?

 

家族の一員である猫ちゃんの食事は、
人間が調節し、管理する必要があります。

猫にあげてはいけない物、
他にもあると言われています。

 

1.ネギ、玉ねぎ、にんにく、にら

これらは、ネギ類に分類されます。

刺激が強く、猫にとっては毒性となります。
貧血下痢血尿が出ることもあります。

中には、死に至る場合もあるそうなので、
猫の手に届かない場所での
保管を徹底させましょう。

 

2.チョコレート

チョコレートに含まれる
カカオ類が毒性となります。

下痢嘔吐の原因になり、
場合によっては
死に至るケースもあるようです。

 

3.ぶどう・レーズン

生のぶどう、乾燥させたレーズンは、
嘔吐下痢腎機能障害の原因になる
と言われています。

 

4.生の魚介類全般、生の豚肉

生の魚には、イカと同様
チアミナーゼが含まれています。

イカの注意点と同じで、
必要なビタミンB1を破壊させてしまうので、
生の魚介類は全般的に与えない方が良い
と言われています。

生の豚肉は加熱しないと
死滅しない寄生虫がいます
与えないようにしましょう。

 

まとめ

猫に与えてはいけない食べ物について
ご紹介致しました。

 

 

人間と一緒に暮らしている猫、
大切な家族の一員の猫を守るのは人間です

 

【猫を飼う】というのは
動物である猫を超えた存在に、
人間がするということです。

 

人間が責任を持って、
正しい知識とともに一緒に過ごしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました