みんな悩んでる!ハロウィンのトラブルってどこでもある?解決法は?

季節のイベント

 

いつの間にか、
世間では盛り上がりの
イメージであるハロウィン

 

大人も性別問わず仮装して、
子供たちはおかしをもらえるお祭りの日。

町中の販促物、仮装の準備、
そしてお祭り騒ぎのハロウィン当日。

 

 

でもこれって、
ただのイメージではないですか?

 

みんな、ほんとにハロウィン楽しいの?

中にはハロウィンに
面倒くささを感じたり、
思わぬトラブルが
起こっていたりしているようです。

 

今回は、実際どうなの!?
ハロウィン事情についてご紹介致します。

 

ハロウィンのトラブル事例

スポンサードリンク

 

  • 子供の習い事先で、
    毎年するようになった
    ハロウィンパーティー。
    子供用に仮装も考えないといけないため、
    完成度の高い手作り品か市販のものかを
    毎年準備しないといけない。
    親同士でお菓子の準備もあるし、
    結構出費がかさむ
  • 「子供達におかしを配る」
    という 町内のイベントで、
    参加していない家庭にもかかわらず
    子供達からはインターホンを
    執拗に押されて困ってしまった。
  • お菓子店で、
    無料でお菓子を配る
    イベントをしてみたけれど、
    無料のおかしだけを目当てに
    親子連れが殺到。
    親が節度のない立ち振る舞いで
    困惑してしまった。
  • 店舗でハロウィンにちなんで
    おかしを無料配布してみたものの、
    インターネットでの拡散で、
    遠方から予想以上の
    人数の親子が来店した。
  • 街中での仮装行列で
    渋滞や混雑による
    けんかや揉め事が起こりやすくなる
  • 仮装をしたお祭り気分の人と
    普通の人との温度差で
    道を歩きにくくなる。

 

このような、子供から大人まで
ハロウィンに関するトラブルがあるようです。

 

 

クリスマスやお正月のように、
「みんなが参加している」「楽しんでいる」
という恒例の行事ではないようです。

 

ある集団で
ハロウィンパーティーをすることになれば、
個人の意思に関わらず
参加しなければならない。

また、一部が楽しみにしている、
楽しんでいる状況にも関わらず、
ハロウィンを楽しんでいる人が
自己中心的な振る舞いをするところに、
主なトラブルの原因があるように感じました。

子供達のための
ハロウィンイベントの場合、
大人はわき役です。

大人はマナーと節度を守るべきです

 

ハロウィン…やるかやらないか

「ハロウィンやるか、やらないか。」

出来れば個人が好きなように
選択をしたいものです。

 

子供の関係で参加せざるを得ない場合は、

「今の時期だけのイベントだから」

と割り切って参加することも
必要な場合がありそうです。

 

準備物に負担があるようなら、
時期をみて

「もう少し簡素化できないものか」

と話し合っても良いでしょう。

 

「面倒だな…」
と感じているママさんは、
他にもいると思います。

 

ハロウィンのトラブルについての解決法は、
ある所属先の集団で
トラブルになった場合は、
前年のこういった事例をあげながら、
今後どうするべきかを話し合って
変えていく方法が効果的です。

 

まずは数人で意見をかためて、
そして、みんなで話し合う場を
設けられると良いと思います。

 

子供のつながりでも、

「数人の友達間で
ハロウィンパーティーを
していたけどやめたい」

という場合は、
子供の意見も聞きながら、
参加の有無を
個人が決めても良いのではないでしょうか。

気の進まないイベントに
参加すること自体、
トラブルを引き起こしてしまう
原因となります。

大人になるにつれ、
自分の行動は
自分で決めていけるようになればいいな
と思います。

常識の範囲内で
「参加したいな」
と思えば楽しんでみましょう

 

まとめ

ハロウィンのトラブル事例をご紹介しながら、
今後どうすれば良いのかを
探っていきました。

 

自分が
「嫌だな」
「参加したくないな」
と思うことについては
身を引きたいですよね。

 

「ハロウィンって面倒…」
と感じている人は意外に多いようです。

 

 

思い切って今年は参加しないで
過ごしてみると、
終わってみれば何事もなく、
次の日からはまた
日常がスタートするのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました