年賀状に挨拶を添える!ビジネス相手の場合の年賀状のマナー!

疑問解決法

年賀状に書き方はあるの?

失礼に当たらないようにしたいけど、
どの文を選べばいいのか
迷っているあなた。

 

基本的な流れ、
実は使ってはいけない文字まであるのをご存じですか!?

ぜひ参考にしてみてください。

 

年賀状の挨拶の書き方!上司の場合のビジネスマナー!

スポンサードリンク

 

上司に年賀状を送るとき、
どう書けば
失礼のないようにあたるか
迷いますよね。

そこで、
基本的な書き方をご紹介します。

 

 

まず、年賀状では

  • 新年を祝う賀詞
  • お礼
  • 相手への願い
  • 日付

が書かれていれば大丈夫です。

 

 

賀詞とは、
年賀状の最初に書かれている文です。

「新春」などの2文字は
目下の人に向けてなので、
上司には

謹賀新年

謹んで新年の挨拶を申し上げます

を選べば問題ないです。

 

 

また、賀詞には句読点はつけないので
注意しましょう。

 

 

次に、お礼です。

旧年中は大変なお力添えをいただき
ありがとうございました

日頃な親身なご指導に
深く感謝を申し上げます

などです。

 

「去年」という言葉は
「去る」という
縁起のあまりよくない文字が
使われているので、
旧年」や「昨年」を使うようにします。

 

ご期待に応えるべく
精進してまいります

昨年の経験を活かし
一層精進して参ります

などの添え書きをつけ、
新年の抱負を述べておくといいですね。

 

 

最後に

本年もご指導、
ご鞭撻をよろしくお願いいたします

ご多幸を心よりお祈り申し上げます

など相手へのお願いをつけ、
日付を入れます。

 

 

定型文が入っている年賀状なら、
一言手書きで書いておくことが
大切になってきます。

あまりプライベートなことは書かず、
仲のいい上司でも
年賀状であまりくだけすぎるのは
やめておきましょう。

 

年賀状の挨拶文!部下に向けて書くときは?ちょっとした心配りも忘れずに!

 

部下に年賀状を書く場合には、
仕事ぶりを褒める言葉や、
今年への期待
一緒に頑張ろう
というメッセージを付けるといいですよ。

 

仕事ぶりについてなど
自分が上司から言われたら
嬉しいですよね。

 

あまり堅苦しくせずに、

仕事も慣れてきたようですね。
今年もさらなる活躍を期待しています

いつもサポートありがとう

頼りない先輩ですが、
これからもよろしくお願いします

と一言添えるといいでしょう。

一緒に働く部下ならば、
仕事を想像して書くと
書きやすいと思います。

 

まとめ

 

上司と部下では
書く内容に若干の違いはありますが、
基本的な書き方は同じです。

上司には指導のお礼やお願い、
部下には仕事の評価など
を書きましょう。

 

新年の挨拶がうまくいくよう
参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました