足利フラワーパークイルミネーション駐車場2018!期間と混雑も!

季節の各地方のイベント

 

冬のお出かけの楽しみといえばやはり
イルミネーションではないでしょうか!

 

私の地元、長崎ではハウステンボスの
イルミネーションが有名なのですが

それに負けずとも劣らないのが
栃木県の
足利フラワーパークのイルミネーション
です。

 

ハウステンボス・札幌のイルミネーションと
共に日本三大イルミネーションにも選ばれた
とっても素敵で幻想的なイルミネーションなのです!

 

私もぜひ1度は見てみたい!!行ってみたい!!
想像するだけで感動する事間違いなしですね!!

 

そんな方のために、
見どころ・期間・料金・駐車場・アクセスなど
ぜひご紹介させていただきます☆彡

 

 

足利フラワーパークイルミネーション時の駐車場は?駐車場混雑状況は?

スポンサードリンク

 

やはり車で行こうと考えてらっしゃる方の
1番の心配は駐車場の有無と混雑状況ですよね。

 

せっかく行ってみたものの渋滞で
ぜんぜん進めなかったり、
駐車場が満車でぜんぜん駐車できなかったり
なんてことになったらそれだけで
疲れてしまってぜんぜん楽しめなく、
もったいないですよね。

 

やはりそれなりの下調べが必要です。

駐車場台数は?料金は?

私も気になり調べてみると、
パーク内の正面駐車場は

・普通車300台

・大型バス40台

駐車できるスペースがありかなり広いです!

 

なんと駐車場代も無料なのですよ!!

ちょっと安心ですね。

 

ただ人気のスポットなので平日でも
駐車が難しい場合があり
特にイルミネーション時期やGW中などの
繁忙期にはそれでも満車で混雑しているみたいです。

 

せっかく行ったのに入園する前からがっかりですよね。
そんながっかりしたくない方のおすすめとしては

・朝の8時でも周辺の道路は渋滞しているので
 早朝7時30分までに来られるのがおすすめです。

ただ私もそうなのですが朝が苦手なのです・・。

 

そんな方は

15時以降の夕方がおすすめです。

 

イルミネーションの時期はあまり遅い時間でも駐車場が混雑するので注意!

イルミネーションの点灯時間は
16時30分から21時まで(土日祝は21時30分まで)なので、
やはり15時くらいだと比較的停めやすいです。

 

イルミネーションの時期やGW中などは
朝だとちょうど涼しくてイライラせず、
長時間いても楽しめますし、
15時以降に行ってもゆったりと過ごしていただけると思います。

 

朝から楽しんで夜からはイルミネーション!
ていうプランもオススメ。

あしかがフラワーパークは、
たくさんの美しい花や木を見ることができます。

季節感あふれるお庭は必見なので、
昼はあしかがフラワーパークを、夜はイルミネーションを
楽しむデラックスなプランはいかがでしょうか。

館内にはレストランやお土産やさんもありまよ〜

 

園のシンボルである大藤の
朝バージョンとイルミネーションバージョンを
両方見るのもオススメ!

 

また、イルイネーション時期は
係員の指示に従えば空いてる駐車場に誘導してくれるので、
何時に行くにしても、
とりあえずパーク内の正面駐車場に行ってみましょう!

 

臨時駐車場も

またイベント開催期間中や繁忙期などの
混雑時は臨時駐車場が解放されます。

イルミネーション期間ももちろん
臨時駐車場が開放されますよ!

 

臨時駐車場ももちろん無料です。

ただしそこから西ゲートまで
約10分ほど歩かなければいけません。

ただ小川が流れているところがあったりと
自然を感じながら楽めるので歩くのもオススメ!

また、有料にはなりますが駐車場内の
お店でお花500円以上を買ったら駐車無料とか

空き地を1日500円で駐車できるようにしている所も
あるみたいなのでそちらを利用されるのもおすすめです!

 

車椅子専用駐車場も

また敷地内駐車場の正面ゲートには
車椅子駐車場もあり、車椅子の貸し出し、
車椅子トイレ・ショップも完備されています。

 

園内も極力段差がないようにされていて、
どうしてもという所はマットやスロープを
つけて対応されています。

道幅も広く、十分に人と人がすれ違える
広さもあり安心して楽しめますね☆

 

 

足利フラワーパークイルミネーションのアクセス方法と渋滞回避方法

車で来る場合

4つのインターチェンジから行け、
どれも20分以内で着きます。

① 東北自動車道・佐野藤岡インターより→国道50号を前橋・足利方面へ進む 約18分

※ ただ佐野藤岡インターでは近隣の
佐野プレミアムアウトレットへ向かう車と
バッティングし渋滞になる可能性があるので
佐野藤岡インターは使わずに
手前の舘林インターを使うのもおすすめです。

 

② 北関東自動車道・太田桐生インターより→国道122号経由 国道50号を足利・小山方面へ進む 約20分

 

③ 北関東自動車道・足利インターより→国道293号経由 県道67号を佐野方面へ進む 約15分

 

④ 北関東自動車道・佐野田沼インターより→県道16号経由 県道67号を足利方面へ進む 約12分

 

また、足利フラワーパークに向かう車は
パークの南側にある国道128号線を使って
公園内に入ろうとする事が多いので、そこは使用せず、
北側の国道67号線(旧50号とも呼ばれています)を
通って公園内に向かってもいいと思います。

また調べていると国道67号線にある
栗田美術館は混雑時は臨時駐車場に
なることもありますので、
こちらも開放していれば比較的楽に
車を停めることもあるみたいですね。

※ GW中は交通規制の為、
67号線からフラワーパークに入る道が
通行止めになり例幣使街道の一部信号が
点滅器にもなることもあるみたいですので、
事前に確認して行かれることをおすすめします。

 

シャトルバスで来る場合

東武伊勢崎線「足利市駅」南口から
シャトルバスが運行されています。

土日のみなので注意!

料金は

無料です!

約30分の道のり
フラワーパークまで乗せて行ってくれます。

 

運行経路は

東武足利市駅南口→あしかがフラワーパーク→足利学校前(降車のみ)→東武足利市駅南口

 

時間帯は約1時間に1本ぐらいですね。

時期によっても
料金や運行状況に変更がありますので
ぜひ運行状況・時刻表をチェックしてから
利用する事をおすすめします。

シャトルバス時刻表・運行状況はこちらから

 

外のきれいな風景を見て、
ゆっくりと楽しみながら行くのもいいですよね!

 

電車で来る場合

2018年4月1日に
「足利フラワーパーク駅」が開業しました。

 

駅からは足利フラワーパークの
西口ゲートまで徒歩1分で行けます。

正面ゲートへも徒歩3~4分で着きます。

すぐ目の前でとても便利ですね!

 

新駅ができるまではJR両脇線「富田駅」から
徒歩約15分くらいはかかっていたので
ありがたいですね〜。

 

事前に交通系ICカードにお金をチャージして
おくとこちらもスムーズに来園でき便利ですよ☆

 

また、新駅ができたことにより
「パーク&トレインライド」で
別の駅に車を停めて電車で
行くことも可能になりました。

 

「パーク&トレインライド」とは
周辺の近くに車を停めて、
電車に乗って足利フラワーパークへ行くということです。

 

ただ、周辺の駅近くに車を停める際は
基本的には有料になるのでできれば
最初から電車で行かれるほうがおすすめですね。

 

また、アクセスを調べていくと皆さん
いろんなアクセスで
イルミネーションに行かれているようです。

 

「クラブツーリズム」のツアーなどを
利用されて行かれるのもいいですね。

添乗員付きのツアーから、
フリープラン・日帰りツアーまで自分に
あったプランをいろいろ選べるので
ゆったりと気軽に旅を楽みながら行けます。

詳しくはこちらからどうぞ

足利フラワーパークイルミネーション観光の為の臨時列車も

・大宮駅~足利駅(宇都宮線経由)を運転する
 「足利ライトアップ号」

・大宮駅~富田駅を運転する
 「足利イルミネーションやまどり」

で行かれるのもおすすめです。

 

どちらも、
フラワーパークのイルミネーション観光の
ための臨時列車で、
2列+1列の広々とした座席やキッズスペース、
和室のミーティングスペースなど
完備されているのんびりくつろげる車両です。

 

全車指定席で乗車には乗車料金+指定席券料がかかります。

指定券は窓口・券売機および主要旅行会社などで購入できます。

また、えきねっと(JR東日本)で予約や空席照会ができます。

えきねっとはこちらから

 

どのアクセスも行きやすく、
イルミネーションだけではなく、
少し特別で優雅な旅できちゃうのでオススメです☆

 

足利フラワーパークとは

そもそも足利フラワーパークとは
どういうテーマパークなのでしょうか?

あしかがフラワーパークはきれいな花や木が主役で
その時々の季節で花々表情があり
変化していく様子を感じられるテーマパークです。

その美しさと変化を四季を通して
感じられるなんて最高ですよね!!

 

園のシンボルである大藤が4本と
80メートルにおよぶ白藤トンネルは
栃木県天然記念物に指定されていることで有名です。

 

この世のものとは思えないほどの美しさで圧倒される、
ぜひ1度は見ておきたい風景の一つですね!!

 

光と花の庭とは?見どころは?

光と花の庭とはあしかがフラワーパークで
10月中旬より毎年行われているイルミネーションです。

なんといっても夜景鑑定士が選ぶ
イルミネーションランキングでは
2016、2017年と
2年連続で全国1位に選ばれるほど!

東日本最大級の400万球を超える
イルミネーションを装飾し心温まる感動があります。

 

花や自然、
季節感に特化したイルミネーションを楽しめ、
シンボルツリーである「奇跡の大藤」
藤色の花房をイメージした電飾が咲き広がる
ストーリーを演出し、
風に揺らめく様はまるで本物の様な見ごたえです。

出典:YouTube

 

他にも白藤、きばな藤にも光の花が咲き、
池の水面に映り込む水鏡効果を利用した
「光のピラミッド」「みんなの地球」
や高さ25メートルの
「イルミネーションタワー」。

山の斜面を使用し頭上に登場する
日本の四季「こころの故郷」。

圧倒感がありながらもじっくりと
魅入ることのできる演出で誰しも心に残っている
古き良き故郷の情景を表現されています。

 

見ごたえ十分のゴージャスな
インスタ映え確実のイルミネーションですね。

期間ごとにテーマが変わるイルミネーション

またテーマを時期ごとに分けここでしか
見られないイルミネーションを展開しています。

2018年は10月27日から2月5日まで開催される予定で

・10月27日から11月中旬までは
 光と花のコラボレーション【光とアメジストセージの融合】

・11月下旬から12月下旬までは
 フラワーパークのクリスマス【クリスマスファンタジー】

・1月1日から2月5日までは
 ニューイヤーイルミネーション【光と冬咲きボタンの競演】

の3つのテーマに分けて展開されます。

 

イルミネーションだけでも
毎回違った感動がありも足を運びたくなりますね☆

 

足利フラワーパークイルミネーション2018の開催期間・点灯・所要時間などは?

2018年10月27日(土) 〜 2019年2月5日(火)

点灯時間 16時30分から21時まで(土日祝は21時30分まで)

入園料  大人900円 子供500円

休園日  12月31日(月)

 

調べているとイルミネーションの時期は
かなりの混雑が予想されるので、
トイレ事情なども考えると
所要時間は3時間ほどあれば無理なく
ゆったりと楽しめますよ。

せっかく見るのであれば
思う存分楽しみたいですからね!!

 

足利フラワーパークの通常営業時間・入場料金は?

足利フラワーパークの営業時間は

調べてみるとフラワーパークの
開園時間・入園料は花の咲き具合により料金が変動するみたいです。

ただ基本の開園時間は通常期は
・朝の9時から18時 ※ふじのはな期間を除く

・夏季・冬季は朝の10時から17時 ※イルミネーションの時期は除く

 

あしかがフラワーパークの入園料は

2018年4月14日から5月20日まで
大人900円~1800円 子供500円~900円

2018年5月21日から6月30日まで
大人500円~1200円 子供300円~600円

2018年7月1日から12月31日まで
大人300円~900円 子供100円から500円

 

となっています。

料金などそれほど高いというわけではなさそうですが、

その日にならないとわからないのは少し不安ですね。

なので行かれる際はぜひ当日に
電話で確認してから行かれるのもいいと思います。

TEL.0284-91-4939

 

また入園する前にクーポンや割引なども
チェックしてから行きたいものですよね!!

できればよりお得に楽しみたい!!

なのでいくつかご紹介したいと思います☆彡

 

クーポン・割引について

また入園する前にクーポンや割引なども
チェックしてから行きたいものですよね!!

できればよりお得に楽しみたい!!

という事で、
いくつかご紹介したいと思います☆彡

①足利フラワーパークのメール会員になる

足利フラワーパークの
メール会員(入会金・年会費無料)になりログインすると

・入園料100円引き(期間限定)
・あしかがフラワーパークの名物の
 ふじのはな物語または藤まんじゅう10%引き
・園内にある花売場でのお買い物10%引き

・ソフトクリーム割引などがもらえます。

 

②JAFの会員証を持つ

JAFの会員証を持っている人は
会員も含めて3名まで優待割引として
入園料が100円引きになります。

チケット売り場でJAF会員証を
提示するだけで優待割引が受けられます。

 

③障害者手帳を持っている方

障害者手帳を持っている方と
介護施設団体の場合当日の
入園料から200円引きになります。

また団体の場合は20名以上になりますと
当日の入園料より10%割引になります。

 

④年間パスポート「花おい倶楽部」に入会

足利フラワーパークの年間パスポート
「花おい倶楽部」に入会する事もできます。

ただ年会費が4800円、
入会金が1000円かかります。

 

しかし入園料が1年間無料になることはもちろん。

ショッピングハウス内での買い物が
10%引きや会員と
同伴の場合5名様まで200円引きとなります。

 

またお食事優待レストラン
「ウェステリア」でのお食事は
20%引きで利用できたり
各種イベントを優先的に
ご優待(本人を含めて4名まで10%引き)

 

誕生日月にはおしゃれな
花鉢までプレゼントしてもらえます。

四季折々の美しい花を観賞できて
これだけの優待が受けれるならかなりお得ですよね!!

 

⑤コンビニ前売り券

入園券もしくは前売り券の購入方法の
1つとして
コンビニにてお得な前売り入園券
を購入できます。

前売り券を購入しておけばチケット売場に
並ばず直接入園できるという利点があります。

またコンビニの前売り券は通常の金額から
50円ぐらい安くなりますし
各コンビニで購入できます。

 

中でもセブンイレブン限定の
セットチケットはお得感がありますよ〜

・「選べるスープ付ペアセット券」2000円
・「光るキャンディー付親子セット券」1700円
・「500円分商品券付ペアセット券」2100円

などがあります。

また全国のコンビニでJTBが販売している
JTBレジャーチケットという前売券を購入すると
50円から200円ほどの割引が可能です。

各コンビニ店内に設置されている
端末で発券可能です。

調べてみると色々と
お得な情報がたくさんあるんですね。

 

活用しない手はない!!

ぜひ事前に確認してみてください☆

 

周辺の食事処・お土産などは?

オススメのお食事処は?

園内には四季折々の花の庭園を
眺めながら食事ができるレストラン
「ウェステリア」があります。

和食・洋食等のメニューはもちろん、
時期ごとに変わるビュッフェなどもあり
お楽しみいただけること間違いなしです!!

 

また、正面ゲートを抜けてすぐ右手には
テイクアウトができるコーナーも設けられています。

メニュー数も多く満足して
食事を楽しんでもらえると思います。

 

お花が買える!

またさすがフラワーパークという感じで
園内には花うりばも設けられています。

高品質な植物やお花をお手軽価格で
幅広く取り揃えてるみたいですよ☆

きれいなお花を観賞したら
ほしくなりますよね!!

 

オススメのお土産やさんは?

その他にもおみやげ屋さんもあり
名物は「ふじのはな物語」「藤まんじゅう」

などイルミネーション以外でも
1日十分満喫していただけますね!!

 

最後に

どのアクセスも便利でお得な割引などもあり
イルミネーションも楽しめそうですね☆

 

料金や開園・閉園時間など時期によって
変更があったりで事前にチェックしといた方が
よいことが多いですが、

イルミネーションの他にも
シンボルである大藤や季節ごとに変化する
四季折々のきれいな花たちも見れて、
幻想的な雰囲気を味わえる

足利フラワーパーク!!

あー行きたくなってきた!!

これはもう行くしかないですね!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました