どうして6月の結婚は縁起が良いの?知られざるジューンブライドの意味

結婚式・新婚旅行&結婚祝い

 

ジューンブライドとはその名の通り

6月に結婚すると縁起がいい事で有名です。

 

6月の花嫁…女性の憧れでもありますよね!

 

私の周りでも6月に結婚する人が多いです。

おめでたい♪

 

6月の結婚は人気のため、式場が取りづらかったり…

 

でもなんで6月

縁起がいいのは知ってるけど意味まで知らない!

という方がほとんどではないでしょうか?

 

今回はジューンブライドの意味と

意外な由来をご紹介したいと思います!

 

ジューンブライドの由来! 最も有力な3つの説

スポンサードリンク

 

ジューンブライドの由来には3つの説があります。

 

1.結婚の女神JUNO(ユノ)説

 

6月は英語でJUNEですよね♪

 

ローマ神話に登場する結婚生活を守護する女神

JUNO(ユノ)に由来しています。

 

ユノはギリシャ語ではヘラ。

神の王ゼウスの妻です。

 

つまりユノは最高位の女神として知られています!

 

結婚の女神ユノの守護する月に結婚するとご加護を受けられ、

一生幸せになれると言い伝えられています♪

なんだかロマンチックですよね♪

 

2.天気説

 

6月は、気温は適していますが、梅雨真っ只中なのになんで?

と思いますよね?

 

ジューンブライドはそもそも
ヨーロッパからの言い伝えなのですが、
ヨーロッパでは6月は特に雨が少ない
と言われているのです!

 

晴れた日に結婚式を挙げることで
多くの人から祝福される為、
幸せな結婚が出来る

と言い伝えられています。

 

天気と一緒に晴れ晴れしく
結婚式を挙げたいものです♪

 

 

3.ヨーロッパの風習説

 

ヨーロッパでは3~5月は1年の中で
農作業がとても忙しい時期でした。

なんとこの3ヶ月間は結婚が禁止に!

 

6月には結婚が解禁されるため、

結婚を待ちわびていたカップルが殺到しました。

6月の結婚ラッシュが始まりと言われているのです。

 

 

どの説もなんだか納得…

 

ヨーロッパ発祥というだけでも
ロマンチックではありませんか?

 

昔から言い伝えられているくらいだから、
ご利益がありそう!

 

ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

いずれもヨーロッパから伝わったジューンブライド。

 

日本では、6月は雨が多い事から

結婚を避けようとする
カップルが当然増えますよね!

おかげでブライダル業界は
6月の売り上げが低迷しがち…

 

そこでブライダル業界は、
ヨーロッパのジューンブライドに目を付け、
1970年頃からじわじわと
ジューンブライドが日本に浸透していきます。

 

6月の花嫁は幸せになれるとして
結婚式を挙げるカップルが
急増したと言われているのです♪

 

今や知らない人はいないくらいの浸透ぶり!

戦略大成功♪というわけなのです。

 

ジューンブライドで幸せな結婚を

 

意味や由来を知っておく事で
気分も盛り上がりますよね♪

 

何十年も幸せな結婚が
言い伝えられているなんて、素敵ですね!

 

沢山の人に祝福されながら
幸せな結婚をしたいということに
今も昔もどの国も変わりはない

ということです。

 

あなたも憧れのジューンブライドで
生涯幸せな結婚が出来ますように…♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました