見違えるほどピカピカ!?風呂掃除を正しい手順で行うと綺麗になる!

お掃除

 

綺麗な生活環境は実に気持ちが良いですよね。

 

もちろんそれは、
定期的にお掃除をしてこそ
得られるものなんですが、
皆さんはお掃除のコツをご存知ですか?

 

居間や寝室、シンク周り、トイレ掃除、
お風呂掃除など、生活環境で
お手入れを必要とするところは
無数にあるんです。

 

そしてそれぞれにおいて
美しく仕上げるコツはあるはずなんですね。

 

またそのポイントを押さえることで、
労力にも無駄が出ません。

 

 

さて今回はお掃除の中でも
お風呂について的を絞ってみました。

 

お風呂は浴槽、壁、床など広範囲です。

 

また、水を扱う場所であるため、
カビや水垢、髪の毛など
出来れば素手で触りたくない汚れが
たくさんです。

 

 

もちろんそれ故、
お掃除が行き届くとその晩のお風呂は
一層気持ちよくは入れます。

 

さぁ、綺麗なお風呂を目指して、
お掃除テクニックを学んでみましょう。

 

風呂掃除の正しい手順は?

スポンサードリンク

早速ですが、
参考になるサイトをご紹介いたします。

 

分かりやすいので、即実践できそうです。

 

お風呂掃除には正しい手順があった!簡単・効果的な掃除のやり方も
お風呂掃除と一言で言っても、浴槽だけではなく床や壁、鏡に排水口など掃除する箇所が多いお風呂場。日々のお風呂掃除の際は、まずは浴槽から洗うという人も多いのではないでしょうか? しかし、実はお風呂掃除には、正しい順番があるのです。今回は、お風呂掃除の正しい手順と、各箇所の掃除のポイントなどを紹介します。あなたのお風呂掃除、...

 

どんなお掃除にも共通して言えることは、
「高いところから始める」という理屈ですね。

 

お風呂も例外ではございません。

 

なぜなら、水もまた重力に従い
高いところから低いところへ流れるからです。

 

 

従って、こんな手順はいかがでしょうか。

 

1. 天井のお手入れ。

ぞうきんで拭く。

 

カビがひどければ
カビ取り剤をスポンジに含ませてなじませる。

 

しばらくしてから、水拭きしてから乾拭きをする。

 

2. 浴室の壁の洗浄。

浴室洗剤をスポンジに含ませてこする。

 

カビがひどければ、天井と同様に
かび取り剤を使用する。

 

3. 床を洗う。

浴室洗剤を使ってブラシでこする。

 

隅の汚れは歯ブラシ程度の
小さなブラシでこすると洗いやすいですよ。

 

4. 浴槽を洗う。

柔らかいスポンジで洗うと
傷がつきにくいでしょう。

 

5. 排水口

排水口用の洗剤を使ってみるのも良いでしょう。

 

また、時々分解できるところを取り外して
しっかりとブラッシングすると
見えないところにも美しさが得られます。

 

風呂掃除をするときの注意点

高いところを洗うときはゴーグルなど使うと、
洗剤や汚水が目に入ることも無いでしょう。

 

また、手が荒れやすい人は手袋もお忘れ無く。

 

 

お掃除のペースですが、
基本的には毎日行う方が良いでしょう。

 

一見何ともないようでも、
確実にカビは増えていますので。

 

ですが、毎日しっかりと
お手入れするのが難しい場合は、
決まった曜日にしっかりお掃除して、
普段は簡単に済ます方法も良いと思います。

 

まずは継続できるペースを考えてみましょう。

 

まとめ

正直、お風呂掃除は
一番面倒なのでは無いでしょうか?

 

その理由はおそらく範囲が広いことと、
カビなど気持ちの悪い汚れを
お掃除するからでしょう。

 

嫌なところだからこそ、
あえてお手入れすれば、
達成感も得られますし、
その後使うときには
確実に気分が良いはずです。

 

今回ご紹介しましたお掃除手順を参考に、
より快適な生活環境を実現しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました