お賽銭の金額はいくらが良い?入れちゃいけない金額もあるので注意!

季節のイベント

お賽銭入れてお願い事。

何となく気になるのが金額。

 

小銭でいいよね?

でも小銭ってどのくらい?

細かい決まりや縁起の悪い金額ってあるの?

 

疑問に思いながらも、

いつもお財布に残っている小銭を入れていた私。

 

成人して就活も控えているし、

自分の行いに自信を持って社会に出たい!

 

ここはスッキリとさせておきたいところです!

 

それでは、お賽銭にまつわるあれこれをご紹介致します。

 

お賽銭に入れる金額の意味とは?

スポンサードリンク

 

お賽銭の正しい入れ方は、

 

小銭はそのままお賽銭箱へ、

お札の場合は白い封筒に新札を入れて名前・住所を記載して入れる

 

ということになっているようです。

 

お賽銭を入れる時、まず思いつくのは小銭(硬貨)ですよね。

それでは、お賽銭の金額の意味についてご紹介致します。

 

1円玉・・・ご縁がありますように

5円玉・・・ご縁がありますように

10円玉・・・とおえん(遠縁)を連想して、円が遠のいてしまう

50円玉・・・五重の円がありますように

100円玉・・・100の縁がありますように

500円玉・・・これ以上大きな効果(硬貨)がない

 

小銭自体にはそれぞれの意味があるようです。

 

10円玉と500円玉にはマイナスの意味

隠されていました!

 

10円はけっこう入れてしまう人も

多いんじゃないでしょうか。

 

また、つい「多ければよいのかな?」と思いがちで、

奮発して500円玉を入れたくなったりしませんか?

 

その他の小銭は縁にちなんだ

プラスの意味があるようですね。

 

それぞれの硬貨自体の意味と

硬貨を組み合わせた金額にも意味があるようです。

順にご紹介致します。

 

(10円玉と1円で)

11円・・・いいご縁がありますように

21円・・・パートナーとの二人の縁がきれませんように

22円・・・二重に縁がありますように

41円・・・よいご縁がありますように

 

 

(5円玉を複数組み合わせる・5円玉以外を組み合わせてもOK

5円玉×2枚・・・重ね重ねご縁がありますように

5円玉×3枚・・・十分ご縁がありますように

5円玉×4枚・・・よいご縁がありますように

5円玉×5枚・・・二重にご縁がありますように

5円玉×6枚・・・安定と調和のとれたご縁がありますように

5円玉×7枚・・・再三ご縁がありますように

5円玉×8枚・・・末広にご縁がありますように

5円玉×9枚・・・終始ご縁がありますように

5円玉×10枚・・・10倍のご縁がありますように

 

このように、5円玉を組み合わせた金額にも

いろんな意味があるようです。

 

10円玉は1枚だけではマイナスの意味

あると言われているので、

1円玉を組み合わせてプラスの意味に

なるように調整すると良いですね!

 

 

5円玉は1枚や複数枚ではプラスの意味となっていますが、

縁起の良くない金額もあると言われています。

ここは押さえておきましょう。

 

(5円玉で縁起が良くないとされている枚数と金額)

5円玉×13枚(65円)・・・ろくなご縁にあわない

5円玉×15枚(75円)・・・泣くようなご縁に会ってしまう

5円玉×17枚(85円)・・・矢継ぎ早にご縁を受けられる

5円玉×19枚(95円)・・・苦しいご縁に会う

 

 

このような、縁起の良くない意味もあるようですので、

これらは避けたいところです。

 

ただ、普通お財布に10枚を超える5円玉は

あまり入っていないと思いますが。笑

 

数枚の意味だけをポイントとして押さえておき、

そのほかは話のネタとして

持っておくくらいで良いですね!

 

いくら入れるのがベスト?

 

 

お賽銭の金額の意味についてご紹介してきました。

それでは、「いったいいくらがベストなの?」と思いますよね。

 

答えはありません。

 

 

お賽銭とは、「本来神様に日ごろの幸福を感謝する」

という気持ちを伝えるためのものだと言われています。

 

「〇〇出来ますように!」「〇〇になれますように!!」のような、

願い事を聞いてもらう賃料ではありませんよね。

 

 

感謝の気持ちを込めてお供えするものですので、

その時に自分が選んだ金額がベストな金額です。

 

金額よりも気持ちに意味があります。

 

【無理のない金額を気持ちを込めてお供えする】

ということが大切です。

 

まとめ

お賽銭についてご紹介してきましたが、

いかがでしたでしょうか。

 

「縁」についての結びつきが強い

ということが解りましたね。

 

日ごろの幸福に感謝の気持ちを持つということが、

お賽銭をするときには一番大切なんですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました