バレンタインで彼氏に何もあげないのはアリ?今ドキ女子の本音は?

季節のイベント

甘い気持ちでいっぱいのバレンタインデー。

 

世間が盛り上がっているし、

彼氏に何もあげないのも申し訳ないという気持ちで、

毎年なんとなくチョコをプレゼントしているわたし。

 

でも、彼氏からのお返しもいつも形式的

たぶんお互いに心から楽しんでいないと感じる…。

 

実は、複雑でただ苦いだけの気持ちを抱えている女子がいます。

こんな気持ち、わたしだけ?

 

バレンタインデーが近づくにつれて揺れ動く、

女子の本音を解説していきましょう。

 

バレンタインで彼氏に何もあげない人の本音とは?

スポンサードリンク

 

バレンタインのプレゼントをしても、

彼氏の反応が薄くて形式的になっていると感じる。

 

去年プレゼントしたけれど、

彼氏からのホワイトデーのお返しがなかった。

 

恋人同士になったのだし、

今更バレンタインデーに合わせて

改まって気持ちを込めてなんて…と感じる。

 

 

このような気持ちを感じたことがある人、いますよね。

 

彼氏の反応が薄ければ、

プレゼントに込めた女子の気持ちも半減します。

 

お返しが欲しいから

バレンタインのプレゼントをしているのではないけれど、

やはりお返しも、彼氏からのほんの気持ちとして

期待してしまいます。

 

それは当然の気持ちです。

 

 

受け取る彼氏にも、渡す彼女にも、

プレゼントのやり取り自体に面倒さを感じていることが、

バレンタインの本音には隠されている様です。

 

20代社会人女性の、彼氏へのプレゼント予算としては、

誕生日やクリスマスは5000円~1万円前後に対して、

バレンタインは1000円~3000円と言われています。

 

バレンタインのプレゼントは、

予算も低めの傾向にあるようです。

 

ここでも、バレンタインの位置づけとして、

とりあえず一応のプレゼントいう気持ちがありそうです。

 

何もあげなくても問題はない?

 

 

では、思い切ってバレンタインのプレゼントを

なくしてしまったらどうなるのでしょうか。

 

何もあげなくても、問題はありません。

ただし、気持ちはしっかりと伝えましょう。

 

彼女が、何も言わずバレンタインデーをスルーして、

何事もなかったかのように過ごしてしまうと、

中には悲しい気持ちになってしまう彼氏もいます。

 

バレンタインのプレゼントが欲しいな、

とは自分から言えない男子もいます。

 

それゆえに、プレゼントをもらっても

わざとそっけない態度で済ましてしまう、

シャイな男子も中にはいるようです。

 

そんな彼氏だったら、突然プレゼントがなくなると、

非常に気持ちが沈んでしまうことでしょう。

 

恋人同士になっても、

お互いの気持ちを伝えあうことは、

とても大切ですよね。

 

『バレンタインのプレゼント、もうあげたくないのだけど。』

と、素っ気なく伝えるよりも、

なぜそのような気持ちに至っているかを、

思いやりを持って、素直にゆっくりと伝えましょう。

 

『毎年プレゼントを選ぶのは楽しいのだけど、

どこか形だけの気持ちになってしまっていて申し訳なくて。

 

【バレンタインデーだからこうしないといけない】

みたいな世間的イベントとは別に、

例えば、一緒においしいスイーツを食べに行くとか、

想い出の場所に遊びに行くとか、

二人だけの特別なことがしたいな…。

 

でも本当は、

バレンタインデーだからというのはもうやめて、

日ごろから二人で一緒に楽しく過ごす気持ちは

大切にしたいな、思っているんだけど…。』

 

例えばこのように、相談したい二人で一緒に考えたい

そのような気持ちで彼氏の気持ちも聞き出すような聞き方で、

まずは切り出してみてはいかがでしょうか。

 

あるいは、

『もうバレンタイン、お互い面倒だし辞めない?』と、

ふたりが心地よいと感じるコミュニケーションのやり方で、

お互いの考えをオープンにしてみましょう。

 

二人にとって、こころから楽しいと思える時間が増える

きっかけになるといいですよね。

 

まとめ

 

恋人同士にとってのバレンタインデー。

そこには複雑な本音が隠されていました。

 

一番は、それぞれの

彼氏彼女が穏やかな気持ちで過ごせることです。

 

バレンタインについての本音を隠しているあなたは、

今年のバレンタインに備えて、一度さりげなく

話してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました