なぜ6月の結婚は縁起がいいの?知られざるジューンブライドの意味

結婚式・新婚旅行&結婚祝い

二人の大切な一日となる結婚式。

何年経っても、特別な一日であって欲しいものです。

結婚式をすることに決めると、

「いつにする?」から準備がスタートすることでしょう。

 

 

一度は耳にしたことがあると思います。

「ジューンブライド」

きれいな言葉ですよね。

 

6月の結婚は縁起が良いと言われているけれど、

実際どうして?と考えられる方も多いのでは?

それでは、ジューンブライドの隠された意味を

一緒に見ていきましょう。

 

ジューンブライドの由来!最も有力な3つの説

スポンサードリンク


ジューンブライドの由来は、

ヨーロッパ地方に大きな関係があるようです。

ここでは、3つの有力な説について解説していきます。

 

1.ギリシア神話のユーノーの説

英語では、ジューン(June)は6月

ブライド(bride)は花嫁という意味です。

英語のジューン(June)は、

もともとギリシア神話のユーノー(Juno)から

きていると言われています。

では、ユーノー(Juno)とは一体何のことでしょうか。

 

時は、ギリシア神話の時代にさかのぼります。

 

神様ゼウスの妻の名前がヘラです。

ギリシア神話のゼウスは、

ローマ神話では「ユーピテル」と表現され、

ヘラは「ユーノー」と言われているようです。

 

ユーノーは、浮気性であったユーピテルを相手に

幸せな家庭をつくろうと精一杯努めました。

おいしいご飯を作ったり、

子どもを大切に育てたりしていたのでしょうか。

やがて、ユーピテルの妻であるユーノーのエピソード、

結婚生活がローマ神話に伝わります。

ここで名前がヘラからユーノーに変わったんですね。

 

ユーノーは「結婚生活の女神」と称され、

ついには6月1日にユーノーを祭るようになったのです。

 

 

このような経緯から、

6月の結婚は結婚生活の女神である

ユーノーに見守られる花嫁という意味に

派生していったという説があります。

 

2.繁忙期明けの時期が6月だった説

 

昔、ヨーロッパ地方では、

6月がようやく落ち着いて過ごす

ことのできる時期でした。

では、6月になるまでは

いったいどんなことがあるのでしょうか。

 

主に、3月頃から5月頃にかけて

農作業の繁忙期のようです。

そのため、結婚などしている余裕のない時期

だったんですね。

 

繁忙期も終わり、

作物の成長も願いながら迎えるのが6月。

忙しい仕事もひと段落した6月に、

結婚を挙げるカップルが多かったようです。

 

 

3.お天気の良い時期!

ヨーロッパ地方のお天気は、

6月が一年で一番良いお天気が多い時期のようです。

特別な一日である結婚式は、

よく晴れた心地よい季節が一番ですよね。

 

ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

 

ジューンブライドの由来を3つお伝えしましたが、

ヨーロッパ地方からきたもののようです。

では、どのようにして日本へ広まったのでしょうか。

 

 

先にご紹介しました、

6月はヨーロッパ地方ではお天気が良いという話。

日本ではちょうど梅雨にあたる時期です。

 

雨予報が多い季節、

遠方のお客様のことも考えると

できるだけ避けたい時期です。

結果、日本では6月の結婚式自体が

少なくなる傾向にあったようです。

 

そこで、ブライダル産業の一人者が

このような流れをどうにかしたいという打開策として

動き出しました。

 

ヨーロッパ地方に昔から伝わる

「ジューンブライド」の話を聞きに行き、

日本へ持ち帰ったのが始まりだとされています。

今では、「ジューンブライド」という言葉を聞けば、

幸せな結婚、幸せな花嫁、縁起の良い結婚と

いうようなイメージが定着してきましたよね。

 

まとめ

 

人生のいくつもある節目の中でも、

特別なイベントである結婚式。

お二人にとって、

忘れられない素晴らしい時間を過ごせますよう

願っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました