子育てには車が必要不可欠!?維持費とタクシー代どっちが高い!?

子育て&ママ

赤ちゃんの誕生が目前となると、
その準備をいろいろ
思案していくことになります。

 

2人目以降であれば、
初めての赤ちゃんの時の
お下がりが使えることや
その時の経験により、
不安も少ないことでしょう。

 

 

けれど、今回
初めての出産ともなると、
何から何まで初体験です。

さまざまなことで
疑問が出てくることは
ごく自然なことです。

 

 

さて、今回のテーマは
子育てに車が必要であるかどうか。

また、費用の面で
どちらがお得かについてです。

 

それでは早速
検証してみましょう。

 

子育てには車があった方が良い?

スポンサードリンク

 

まず、車の必要性については、
地域性が出てくることを前提として
挙げたいところです。

都心部においては、
渋滞や目的地の
パーキングの空き状況など、
車を使う上での苦労が考えられ、
決して車が便利な乗り物
とは言えないでしょう。

 

 

この場合、必要に応じて
公共交通機関を利用した方が、
利便性があって良いでしょう。

 

一方、地方においては、
日常で車を必要とする
地域もありますので、
このような土地柄であれば、
車の必要性は高まります。

すでに一台
車を所有しているとしても、
旦那様が通勤で
車を使用しているとすれば、
奥様使用の一台があっても
良いのではないでしょうか。

 

車の維持費とタクシー代はどちらが高い?

 

車の維持費と言えば、
ガソリン代と税金、
メンテナンス代です。

 

税金は年に一度
必ずやってくる自動車税と、
車検時に支払う税金があります。

 

その前に、自動車がなければ、
自動車購入費がかかります。

 

例えば、
軽自動車で考えてみましょう。

シミュレーション条件;新車
スズキ ワゴンR グレードFA(2WD CVT)
オプションとして
CDプレーヤー装着。

スズキ公式サイトによる計算。

  1. 6月登録で、総額¥1,201,540円
  2. 自動車税翌年以降は¥10,800円
  3. ガソリン使用状況によりますが
    大体平均¥5,000円と設定
  4. 定期点検2年分と消耗品交換として
    仮に合計¥35,000円かかった。
  5. 購入3年後に初回車検として
    諸費用が約¥36,000円と
    整備費用で、
    仮に合計¥65,000円
    かかったとします。

これらを合計し見ると、

1,201,540+(10,800X3)+(5,000X12X3)+35,000+65,000=¥1,513,940円

 

3年間で約151万円
最低かかってきます。

ここには
月極の駐車場代は
含まれていません

 

一方で、
タクシーにかかる費用については、
どれだけの頻度でタクシーを利用し、
どこまで出掛けるのか
によって変わってきます。

 

 

正直、単純比較はできません。

けれど、自動車は財産です。

時には遠方まで
自由に出掛ける利点を考慮すると、
維持費さえ苦でなければ、
自動車のある生活も
良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

冒頭で述べましたとおり、
自動車の所有が
有効であるかどうかは
地域性が出ます

 

私の住む地方では
自動車がないと不便ですので、
赤ちゃんが生まれた場合、
急な発熱などで
病院へ連れて行くことを考慮すると、
自動車は必需品とも言えます。

 

いかがでしょうか。

参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました