満員電車がつらい!通勤地獄を少しでも緩和して快適に通勤する方法

スポンサードリンク

スポンサードリンク





満員電車の地獄絵図。

テレビドラマのシーンでも
見事に再現されますが、
本当にすし詰め状態の電車は、
ただただ辛いの一言。

ある意味地獄ですね。

他人との距離が
極めて密着状態で、
暑苦しく、
同じ体勢で身動き取れない。

本当に電車通勤の皆様
お疲れ様です。

さて、今回のお題は
通勤地獄から
快適通勤への脱出についてです。

ちょっとした工夫で(苦労?)、
快適通勤に
変わるかもしれませんよ。

満員電車の不快感を少しでもやわらげるには?

スポンサードリンク

まず手っ取り早く
満員電車の不快感を
少しでも和らげる方法として
考えられるのは、
出勤時間を早めることです。

社会人の活動時間は
大体にして同じです。

だからこそ、
同じように行動していては、
通勤地獄に至るのも当然です。

これは、満員電車だけではなく、
自動車通勤においても同じです。

自動車の場合は、
渋滞地獄です。

「いつになったら
次の交差点で
右折できるのだろう・・・」

と言ったいらだちを
感じているドライバーさんは
確実に多いはずです。

次にお勧めするのは、
二駅程度であれば、
自転車通勤に変えることです。

少し遠方から
電車通勤するのであっても、
手前二駅で下車し、
そこから自転車を活用するなど、
満員電車への乗車時間を
短くする方法も有効です。

電車を辞めるor仕事を辞めるもアリ

電車を辞めて、
代わりになる交通手段は何でしょう。

  •  バス
  •  自家用車
  •  自転車
  •  徒歩
  •  原動機付自転車

バスはおそらく
電車と変わらないでしょうね。

結局、公共交通機関は
同じ時間帯においては
同じように満員ですから。

では自家用車はどうでしょう。
田舎であれば、
自家用車の通勤も
十分検討の余地がありますが、
都市部では通勤渋滞で、
これも正直
有効な交通手段とは
言えません。

自転車については、
距離によりけりです。

遠方から必死にペダルをこぐのは、
それ自体が地獄かもしれません。
けれど、電動アシストの自転車であれば、
案外現実味が
出てくるかもしれません。

徒歩は距離次第ですね。

良い運動にはなりますが、
通勤距離が遠いと、
さすがに全経路徒歩を
選択するのは不可能です。

最後に、私がおすすめしたいのが、
原動機付自転車ですね。

渋滞時にも
安全に気をつける必要はありますが、
車の脇をすり抜けて行けば、
案外スムーズに
通勤できるのではないでしょうか。

では、満員電車から逃れるために
仕事を辞める方法は
いかがでしょうか。

まずその選択をする方に
一言問いたいです。

本当にそれでいいのですか?

辞めるなとは言いませんが、
通勤方法だけで職を変えるには、
リスクと後悔について
しっかりとマネージメントする必要があります。

今就いている仕事がご自身にとって、
いわゆる天職であったり、
必死につかんだ夢で
あったりするのであれば、
通勤方法か住まいの転居で
対応すれば良いのでは
ないでしょうか。

辞める理由が他にもあれば、
思い切って別の世界へ
飛び出してみると良いでしょう。

まとめ

実は私は自動車通勤です。

毎日渋滞で
ちょっとしんどいところがありますが、
自動車の中は
個人の空間なので、
まだ満員電車よりは
楽なのかもしれません。

けれど、
たまに仕事の関係で
満員電車に
乗ることがあります。

その時は毎日
通勤、通学されている
皆様の苦労を
少しばかり
理解できた気がします。

もちろん
慣れもあるとは思いますが、
毎日満員電車だと
正直朝から気が滅入ります。

通勤の苦労と
今後の展望を考慮し、
どこで誰と生活し、
どこへ勤めるのか、
しっかりと考えながら
さまざまな選択を
していきたいものですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする