断乳にはパパの協力が必須!?それともムカつくだけ!?徹底検証!

断乳・卒乳

雑誌やテレビでも
「断乳中は
パパの協力が必要!」
と言われていますが…

それって、
【育メン】と呼ばれるパパなら
協力してくれるだろうけどさ…

 

 

それ以外だと
難しくないですか?

「それくらい
どうにか出来るだろー?」

「いや、俺だって忙しいし
休ませてよ!」

など、私たちママの気持ちを
あまり考えない発言も
多々ありますよね。

 

でも、断乳中って、
パパたちが思ってるほど
簡単じゃないし、
言ってしまえば
忙しいしのは
パパたちだけじゃないんです!

 

うちのパパは…

「断乳?いいんじゃない?
頑張ってねー」

と、他人事のように
言ってくれちゃいましたよ…。

 

「ちょっと協力
お願いできるー?」

というと…

「ちょっとってどのくらい?
簡単なことしかできないよ!」
「えー、今テレビ見てて忙しい。
あとにしてくれ。」

など…
イライラさせてくれました(笑)

 

みんながみんな
そうとは限りませんが…

断乳にはパパの協力は必要なのか、
協力してもらうには
どんな風にお願いすれば
上手くいくのかを
ご紹介していきます。

 

断乳にはパパの協力が必須というが実際は?

スポンサードリンク

 

結論から言っちゃいますと…

断乳には
パパの協力は必要ですね!

「え…イライラしそうで嫌だなぁ~」

と思ってしまうママも
多いんじゃないかなぁ!?

 

 

私も経験上、
上の子のときは
めっちゃイライラしました。

「こんなんなら
協力してもらわなくて結構です!」

って何度も
心の中で思ってしまいました。

 

でも、断乳って
思っている以上に
精神的にやられます

ママだけでやり遂げられるのは
ほんの一握りのママだけです。

 

精神的、体力的にも
かなりのダメージをくらって、
毎日の生活を送り、
ボロボロでの断乳完了…。

 

考えたら…ゾッとします。

 

「いや、そのくらい
私ならできるし大丈夫!!」

と思う人もいると思います…

 

「パパにイライラするなら
自分でどうにか
やり遂げてみせる!」

ってママは多いんじゃないかなぁ。

 

でも、途中で断念する
ママが半数以上…。

断乳って思っている以上に
パパの協力があるないで
かなり変わってきますし、
パパをこの断乳を機会に
育メンに変える
チャンスでもあるんですよ!

うちのパパは、
自分が構うときは構うけど…
それ以外は忙しいやテレビなど、
とにかく理由をつけて
協力してくれませんでした。

なので、
私はかなり
ボロボロな状態に
なりかけましたね…。

 

上手にパパに協力してもらえるお願いの仕方

 

あなたが断乳で
ボロボロにならないために!!

パパに協力してもらうための
お願いの仕方を
ご紹介したいと思います。

 

①やってほしいことを
できるだけ詳しく伝える

②はじめは短時間、
少しずつ時間を長くする

パパにしか
できないことであることを伝える

④協力してもらったら
感謝の気持ちを伝える

 

以上の内容を
出来るだけやんわり
優しくパパにお願いすると
協力してくれますよ!

断乳中って
案外ママである私たちは
ピリピリイライラが
先行しがちなので、
言い方が強めになってしまうため、
なかなかパパが
協力してくれないみたいです。

パパに協力をお願いする場合は、
【やんわり優しく】
をこころがけ、
きちんと感謝の気持ちを
伝えること
パパも快く
断乳に協力してくれますよ。

きっと協力してくれてからは、
パパもあなたがいつも
どのくらい大変な思いや
育児を頑張ってくれているか
分かってくれて、
ママの気持ちを考えない発言も
減ってくれるはずです!

うちのパパには、
下の子のときに
優しくお願いする方法に変えたら
すんなり協力してくれて
かなり助かりました!

上の子のときは
断乳完了後、
ボロボロの状態で精神的に
かなりキツかったんですが…。

協力をしてもらった
下の子のときは
ボロボロにもならず、
精神的にもダメージがほぼなく、
かなり楽に
断乳を完了することが
出来たので
パパの協力あってこそ!
そして
頼み方次第だ!
と思い知りました。

イライラしちゃいそう…
と思うかもしれないですが、
パパに優しくお願いして、
少しでも断乳に協力してもらい、
あなたのダメージを軽減して
断乳を完了させていきましょう。

 

まとめ

 

断乳にはパパの協力があれば、
あなたの精神的、
体力的ダメージが軽減されて、
パパにもあなたの大変さを
理解してもらえる
機会にもなると思うので、
優しくお願いしてみて、
断乳に協力してもらってみては
いかがでしょうか。

イライラしちゃいそう…
と思ってもちょっと冷静に!
あなたとパパでは
赤ちゃんに接してる
時間の長さが違うんです。

パパはパパなりに
一生懸命頑張ってくれるはず…。

そんなパパを見て

「あぁ…私も初めはこうだったなぁ~」

と優しい気持ちでパパを見て、

「協力してくれてありがとう。
すごく助かったよ~♪」

と伝えて、パパに

「協力してよかった!」

と思ってもらい、
また協力してもらえる流れを
作っていってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました