入社前と入社後どっちが非常識!?会社を辞めたいなら

スポンサードリンク

スポンサードリンク





「頑張って内定をもらって、
この後の生活も順風満帆!!」

と思っていたら…

「なんだかちょっと違うかもしれない」

なんて思ってしまったそこのあなた!

モヤモヤしますよね。

内定もらったのに、
説明会で話を聞いていると、
思っていたのと違ったり、
あなたの方向性とは真逆だったりと、
話を聞くまで分からなかったことが
たくさんだったと思います。

「でも、せっかくの内定だし…」

とかいろいろ考えちゃいますよね。

そこで今回は、よくある

内定をもらったあと辞めたい場合、
入社前後どちらが失礼になるのか

辞めないで解決出来るとしたら
どんな方法があるのか

をご紹介するので、
参考にしてみてくださいね!

どうしても辞めたい場合入社前と入社後どちらが失礼?

スポンサードリンク

さて、内定をもらったあとで
どうしても辞めたいとき、
入社前か入社後で何が違うのか、
どちらが失礼になるのか
を説明していきます。

まずは入社前の場合です。

入社日がまだ決まっていない場合は
内定辞退と言われます。

入社日が決まっている状態だと
入社前辞退と言われています。

入社前でも
この2つの状態に違いがあります。

内定は、
まだ入社が正式に
決定されていない状態で、
あなたからも会社側からも
内定の取り消しを
することが出来るんです。

この内定辞退は、
労働開始の2週間前までであれば、
辞退したい理由を説明することをせずに
辞退が可能と言われている
タイムリミットなんです。

次に入社前辞退の場合です。

内定をもらい、
入社を決めて入社日まで
決まってしまっている状態のことです。

この入社前辞退は、
入社日が決定している
というところが
言ってしまえば厄介な問題点です。

入社日にあなたが入ることが
決定しているので、
あなた用に新しくデスクやパソコンなど、
必要になる物を
注文してしまっているんです。

そのため、会社側からすると
損害を受けたことになってしまうので、
もしかしたら
入社前辞退の場合は損害賠償責任
が起こるかもしれません

入社前でも、
出来るのであれば
内定辞退の状態のうちに
辞退したいことを
会社側に伝えるようにしましょう。

そして、入社後ですが、
もう分かると思いますが、
あなたの今後の社会人生活が
厳しくなってしまいます。

入社後になると辞めるなんてことは、
そうそう簡単には出来ないものだと思います。

入社後は、
新しいプロジェクトなどを
進行していくにあたり、
まだ微力ではありながらも、
あなたもしっかり人数に入っていたりするわけです。

結果、どちらが失礼かというと、
入社後に辞めることですね。

しかし、入社前辞退でも
会社側からすると失礼です。

迷惑をかけられるわけなので、
入社前入社後よりも内定辞退が
あなたも会社側も
損害などを受けることなく
辞めることができます。

やめずに解決する方法はない?

辞めたい場合を紹介してきましたが、
辞めないで解決できる方法はないのか
を一緒に考えてみましょう!

まずは、
「1年頑張ってみる!」
とか、ちょっとした目標を
作ってみるのはどうですか?

これは私が実際にやった方法なんですが…

考え付くものが
この目標設定だったんですよね。

この目標設定することで、
辞めたいけど、辞める前に
この会社から学べることを学び、
次へのステップにしようと考える事ができ、
自然と辞めずにそのまま会社に残れました。

その後、大きなプロジェクトなどに
関わることができ、
社会人として成長できている実感が
持てましたよ!

その仕事があなたの行きたい方向性と真逆だったとして。

その真逆の方向性をあなたの新しい
スキルアップの可能性としてみて下さい。

その仕事に打ち込むことで、
あなたの仕事の可能性を
広げることにつながります。

あとは、会社内や仕事内容で
あなたの楽しみなどを見つけ出すことも
辞めたいと思わなくなる1つの方法ですよ~。

まとめ

どうでしたか?

入社前と入社後では物事の進み具合の違いがあり、
辞め方やタイミングによっては、あなたにも不利益が生じる可能性もあるので
注意をしてくださいね!

「辞めたい!!」
と思いたくなるのも分かります。

でも、ちょっとだけ
考えてみてください…

もしかすると
あなたの未知なる可能性が
開花するかもしれないし、
大きなプロジェクトを
任されるかもしれないですよ。

まずは、辞めたいかもしれないけど、
6か月や1年など目標設定して、
すぐには辞めないでみるのも
ありだと思いますよ。