営業のプレッシャーでストレスMAX?逃げちゃダメと思い込んでない?

スポンサードリンク





そもそも、
何故逃げてはいけないのでしょか?

目の前に危険があるとして、
そこに立ち向かう理由がないとすれば、
退避こそが最善の選択です。

生きてこそ意味があり、
再起があるのです

結論としては、
逃げても全然かまわないのです。

人間向き不向きがあります。

自分に合っている職業が何であるかは
体験しないと結論が出ません。

合わないと感じていながらも、
無理に継続することは
無駄以外の何ものでもありません。

だから、頑張った。

あらゆる手を尽くした。

周りを見渡して、
誰もが
「乗り越えられていない」
と言うのであれば、
自身の将来性を考えて
すぐにでも逃げ出しましょう。

さて、今回のテーマは
仕事のプレッシャーと
そのストレスに対する向き合い方
についてです。

我慢と努力ももちろん大切ですが、
必ずしも堪えることが
美徳とは限りません。

それではご一緒に
正しい向き合い方について
考えてみましょう。

まず営業のノルマやストレスに向き合えるのか考えてみよう

スポンサードリンク

ノルマに対するストレスについて、
対処法を考えてみましょう。

仕事に計画性はあるか。

ただなんとなく営業活動を行っていると、
達成できるノルマも達成できません。
事前準備として、
商品知識の理解を深め、
お勧めのポイントなど、
要点を押さえましょう

ノルマに対する考え方を見直しましょう。

ノルマと言う言葉は
どうもイメージが悪いですね。
販売目標
と言葉を入れ替えて、
ポジティブに受け止められる
思考を築いていきましょう

共に戦える仲間を持ちましょう。

一人で抱えるのではなく、
共同で目標を
クリアできる仲間を持つ
心強いですね。
もちろん、
助けられることもあれば
助けになる必要もあります。
けれど、
一人で悶々と悩むよりは断然マシです。

転職は逃げじゃない!人生は自分で決めていい

仕事と向き合う努力は、
業務の内容にもよりますが、
気の持ちようとしては
前項で述べたとおりです。

それでも
堪えられないというのであれば、
もう齧り付くのは止めましょう。

何と言っても自分の人生です。

他人がどう言おうと
最後に決めるのはあなた自身です。

そう、決めてしまえば良いのです。

こう言ったケースで、
転職には
二つの意味合いが隠れています。

  • 逃げの転職
  • 最適化の転職

前者は、
努力もせずに
身勝手に行う転職です。

誰だって仕事が辛いと
感じることもありますし、
それに抗う努力を必要とします。

苦労なく気持ちのままに行う転職は
「逃げの転職」
と言えるでしょう。

一方後者は
散々生き残る努力をし、
苦労しても事態の改善が
見られないときに判断する
人生の最適化としての転職です。

ただし、
転職にはリスクがあることをお忘れなく

給料が前職より
下がってしまうリスクと、
採用者に辞め癖などがないかと
疑われるリスクです。

これらリスクをどう受け入れ、
あるいは躱すことが出来るのか、
この事前準備を行って
再出発を計画しましょう。

まとめ

私も人生で2度転職しております。

1度目はより収入を多くしたい目的で、
2度目は労働環境を改善する目的です。

特に2度目の転職においては、
とにかく残業が多く、
ワーク・ライフ・バランスがうまく取れない
と考えたからです。

いずれの転職においても、
メリット、デメリットがありました。

大抵の転職において、
善し悪しが共存することでしょう。

転職先の下調べと、
転職後の生活のイメージを
しっかり持つ計画性をもたれることを
お勧めいたします。

最後に、
転職はあなた自身が決めることです

そこに両親や会社は関係ありません。

あなた自身の笑顔のために、
よく考えてからご判断下さい。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする