なくせば楽に!嫉妬心で仕事が辛いあなたを救うたった一つの方法!

スポンサードリンク





嫉妬、その言葉の意味は二つあります。

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/98640/meaning/m0u/嫉妬/

goo辞書を参考にしてみました。

  1. 自分より優れている人を恨み、ねたむこと
  2. 自分の愛する者の愛情が、
    他人に向けられることを恨みねたむこと。
    すなわちヤキモチ。

仕事上で感じる嫉妬心は、
どちらかというと前者ですね。

何故嫉妬してしまうのでしょうか。

それは劣等感であったり、
他人より良く思われたいと言う功名心であったり、
自身と他人のレベルを比較することに
起因するのではないでしょうか。

負けたくないという純粋な気持ちで収まれば、
切磋琢磨にもつながるでしょうが、
嫉妬心は
相手をおとしめたい気持ちにもつながるため、
正直持たない方が良いでしょう。

けれど、頭では分かっていても、
心が素直にならないのが人間です。

今回はこの嫌な嫉妬心と
どう付き合っていくのかを考えてみましょう。

嫉妬心があるとなぜ辛いのか?

スポンサードリンク

嫉妬心を持って爽快な気持ちになる人は
皆無でしょう。

その理由は、
ねたみ恨みはすなわちイライラです。

そして、嫉妬の対象である他人が、
視野に入ってくる限り、
そのいらだちは消えません。

このダークな感情は
判断力の低下にもつながりますし、
何より精神力を消耗します。

辛くないはずがないのです。

また、嫉妬心を持つと、
いつも他人の結果が気になってしまい、
本来の自分が出しにくくなります。

その抑圧された状況はストレスですね。

したがって辛くなるのです。

どうすれば
このしつこい嫉妬心を消せる?

まず他人を気にしないことです。

他人は他人、自分は自分です。

自身のオリジナリティに自信を持てれば、
他人のことは気にならないはずです。

これは私自身の話になりますが、
かつてひどくコンプレックスを感じていました。

そのため、友人に対して
強い嫉妬心を持っていました。

本当はもっと仲良くしたいのに、
負けたくない気持ちから素直になれなかったり、
相手を受け入れられなかったりし、
本当に辛かったです。

そうして長い間悩みましたが、
最終的には考え方を変え、
「ありのままを受け入れる」ことで
少しずつ嫉妬心もなくなりました。

ありのままに受け入れる。

つまり、相手の良さを受け入れ、
自分の良さに自信を持つこと。

良くないところはあえて他人から学ぶ

人と自分の違いについて、
基本的には「他人は他人、
自分は自分」と言ったスタンスで、
比較をしない

その割り切りが持てれば、
嫉妬心はなくなるでしょう。

では、割り切るにはどうすれば良いのか?

割り切れるようになるにはまず、

自分の心をコントロールできるようになることが必要です。

嫉妬を感じたらまず、

その嫉妬を思いっきり感じようとしてみて下さい。

『俺、嫉妬してる~!これこれこんな風に嫉妬してます!でも、それでいいんだよ!』

と、出来れば声に出して(心の中でももちろんOK)言って下さい。

『それでいいんだよ!』

が、重要です。

ダメだダメだ、嫌だ嫌だと思うことほど、人間は固執するようにできてきるんです。

だから、認めて、しかも良いよ!と言ってあげる。

これ、やってみて下さい!

絶対に気持ちが楽になりますから。

これを続けているうちに自分の心をコントロールできるようになります。

まとめ

ほどよい負けん気は向上心につながります。

けれど、度が過ぎれば
自分と他人を比較することになり、
それが嫉妬心につながるのです。

まずは己を知ることです。

そして、己を許す事です。

人間観察力を養い、

人間力も養い、

上手にセルフコントロールができるように挑戦してみましょう。