営業に向いてない!辛いなら鬱になる前に辞めたっていい!今こそ転職

スポンサードリンク

スポンサードリンク





たくさんある業種の中でも
多く耳にする営業職。

相手先とのアポ、コミュニケーション、
ノルマ…
色々な壁にぶち当たって
営業に向いていないと感じたら
転職を考えてみてはいかがでしょうか。

営業に向いていない人の特徴

スポンサードリンク

営業を楽しいと感じる人がいる一方で
辛いと感じる人もいます。

営業に向いていない人の特徴とは
いったいなんでしょうか。

まず、
コミュニケーションが苦手な人。

営業と言えば、
相手があって成り立ちます。

会社を気に入ってもらうにも
商品を売り込むのにも
最初は自分の印象が大事になります。

コミュニケーションが苦手だと
話が膨らまず、
なんだか暗い印象を与えてしまうときが
あります。

確かに明るくて話が上手だと
つい引き込まれてしまいますもんね。

次に、時間にルーズな人。

これは営業に限らず大事なことですが、
相手先も時間を作って話を聞いてくれます。

時間にルーズでは、
せっかく時間をもらっているのに
印象が悪いです。

相手のスケジュールも乱してしまいますし、
自分のスケジュールをしっかり把握して
無理のないような予定を組むことが大切です。

時間の管理が苦手だと
感覚がつかめないかもしれませんね。

そして、繊細な人。

営業に向いている人が
神経が図太いというわけではありませんが、
営業では数字がひとつの結果になります。

上司から数字のことを言われたり、
同僚がどんどん成績を残して
置いて行かれた気持ちになったり。

ノルマがあるとそれだけで
辛いと感じたり。

また、人と関わる仕事ですから、
相手に失礼のないように気を使ったり。

そんなストレスが溜まりやすい人は
営業には向かないのかもしれませんね。

十分頑張ったなら
転職したっていいんです

頑張ったけれど、
辛い日々が続くとき。

根性がないと言われても
転職を考えていいのです。

ストレスから、
体調を崩してしまったり、
鬱になったりすることもあります。

仕事も大事ですが、
体を壊してしまっては
何もできません。

治療に時間が必要な場合もあります。

そうなる前に、
本当に自分はこの仕事を
続けていくべきなのか
考えてみてもいいと思います。

自分に合う仕事、
無理のない勤務内容など
一度再確認してみると
どんな仕事がいいか
わかるかもしれませんよ。

リクナビNEXTは、私が実際に3回転職した時に使いました。

履歴書と職務経歴書を無料で作成できるツールがあって便利です。

まとめ

営業は人と関わる仕事のため、
コミュニケーションが苦になる人や
繊細で必要以上に気を使ってしまう人は
向かないのかもしれません。

営業で頑張ってみようと思ったけど
気分が沈むことが続くとき。
もう一度、自分に合う仕事を
探ってみてもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする