これで円満!?旦那の実家に帰省したとき手伝いは何をすればいい?

義実家のあれこれ

自分の実家に帰省したときは、
心も身体もゆっくり出来るのに、
旦那の実家に帰省すると
どうも休まらない…

歓迎ムードはありがたいけれど、
勝手が分からず空回り。

 

そんなご経験をお持ちの方も
多いのではないでしょうか。

 

 

確かにゲストではありませんから、
何もせずにぼんやりするわけにも
いきませんよね。

けれど直接聞いても

「良いからゆっくりしててね」

なんて言われると、
返って居心地悪くなったりします。

 

何をどうお手伝いすると、
お互い気を遣いすぎずに
楽に過ごせるのか。

今回は、
そんな義両親との
上手なお付き合いについて
考えてみましょう。

 

旦那の実家に帰省したときに手伝うこと

スポンサードリンク

 

旦那の実家での振る舞いは
ある意味永遠のテーマなのでしょうか。

こんなサイト見つけました。
http://oyakudatijoho.com/174.html

 

 

「何かを手伝わないといけない」

と言う強迫観念を持つと、
正直しんどいですよね。

 

では、どうすると良いのでしょうか。

 

まずは姑さんと
積極的に話してみるのは
いかがでしょうか。

もちろん、
どんなタイプなのかを知るためにです。

と言いますのは、
姑さんの性格で、

「やってもらうと助かること」
「出来れば人に任せたくないこと」

があるかもしれないからです。

 

良かれと思ってしたことで、
関係に亀裂が入っても困りますものね。

そうして、何か役目がもらえたら
ホッとするところですが、

「ゆっくりしといてね」

などと交わされてしまった場合は、
簡単な作業で
意思表現してみるのも良いでしょう。

 

例をいくつかご紹介いたします。

 

  1. テーブルを拭く。
  2. 食器の準備や後片付け。
  3. 食事のお茶を入れる。
  4. お買い物に付き合う。
    もしくは簡単なお使いを引き受ける。

 

いかがでしょうか。

これなら負担にならず
出来るのではないでしょうか。

また、姑さんにも
気を遣わせてしまうことはないでしょう。

 

義両親に良い印象を与えるには?

 

家族の一員としての意思表現が、
【お手伝いを申し出ること】
でもあると思います。

 

つまり、

「私はあなたの息子の嫁ですから」

というアピールですね。

 

ちょっとした気遣いで、
義両親に安心感と好印象が
与えられるものだと思います。

 

逆に、無理している感が出ると
義両親に気を遣わせてしまい、
ぎこちなくなってしまうこともありますので、
段階を踏んで
少しずつ機転を利かせる
良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

あなたの実家でも
きっと何かお手伝いを
されているのではないでしょうか。

 

そのお手伝いは、
実のお母さんの要望に添った
お手伝いではないですか?

 

姑さんへのお手伝いも
同じだと思います。

 

最初から手の込んだお手伝いでなくとも、
ステップ・バイ・ステップで
出来ることを増やしていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました