引越しの挨拶は必須!どこまでするのが一戸建ての場合正解?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





戸建てへの引っ越しで、
挨拶はしておくと
今後の近隣住民との
関係がスムーズです。

引っ越しに伴う挨拶、
するのは良いけど
いったいどこまで
挨拶しておくのが
良いのでしょうか?

両隣だけ?
それとももっと広範囲に?

引っ越しの挨拶について、
気になるあれこれを
解決していきましょう。

一戸建てに引っ越す時の挨拶の範囲は?

スポンサードリンク

引っ越しの挨拶で
昔から言われていることは、
向こう三軒、両隣り
という表現があります。

近隣の住居への挨拶は、

「日頃の生活で
顔を合わせるだろうな」

と感じる範囲ということです。

1.実際、引っ越しの挨拶は
みんなどうしてるの?

  • 「数軒隣に引っ越してきました」
    と説明できる範囲で
    挨拶をしました。
    初対面であまりに遠く
    距離を想像しにくい場所で
    挨拶に来るのは違和感もあるし、
    生活していても
    顔を合わせることも少ないため、
    そこの家です
    と説明できる範囲で
    良いと思っていました。
  • 両隣と向かいの家に
    まず挨拶をしました。
    その後、生活してみて、
    「顔を合わせることがあるな」
    と感じれば、
    範囲を広げて
    後から挨拶に行きました。
    「挨拶が遅くなり申し訳ありません」
    という気持ちも一緒に伝えました。

まずは、
両隣と向かい側の家には挨拶をする
という事例が多いようです。

一戸建てに引っ越す時の挨拶の範囲は、
まずは
【向こう三軒両隣り】を目安に、
生活していて顔を合わせる範囲
と思っていて良いと思います。

2.引っ越しの挨拶は、なぜ必要か?

以前から住んでいる人にとっては、
「そういえばあそこに
誰か引っ越してきている」
と気付いたら、
どんな人が引っ越してきたのか
気になると思います。

「変な人、
ややこしい人だったら嫌だな」
となんとなく思うことでしょう。
【今まで通りの生活を乱されたくない】
という気持ちが強いからだと思います。

挨拶をして、
顔合わせをしておくと、
それだけで以前から住んでいる人には
安心してもらえることがあります。

「引っ越ししてきたのに挨拶もない」
という不快感を抱く人もいれば、
挨拶がなくて
どんな人かわからないから
不安に感じる人もいます。

引っ越しをする側が
「新しい環境でより良い生活をしたい」
という気持ちと同様に、
住んでいる人それぞれが
スムーズに生活を
していきたいと思っています。

挨拶の際に持参すべき品物は?

引っ越しの挨拶では、
何か品物を持参することがよくあります。

みんなどんなものを選んでいるのでしょうか?

人気があるのは、
もらって困らない、
誰もが使う生活用品です。

具体的には、

  • ラップ
  • 洗剤
  • 石鹸
  • タオル

が上位に来るようです。

ただ、洗剤や石鹸は、
液体タイプ・粉・泡タイプ、
またアレルギーの関係で
特定の物しか使用していない
という人も中にはいますので、
出来るだけ万人受けするものを
選ぶ方が無難です。

もらってすぐに使えて、
消えてなくなるものが良いと思います。

体験談としては、
タオルやラップ、
キッチンペーパーは使いやすく、
ほんの気持ちの値段だと解りやすいため、
ありがたいと思いました。

挨拶の品物には、
蝶結びの無地熨斗をつけ、
名字を記載しておくと良いでしょう。

名前を覚えてもらうきかっけになりますし、
きちんとした感じも伝わります。

まとめ

戸建てに引っ越しで
挨拶をする範囲は、
昔から言われている
向こう三軒、両隣り
を目安にすればよいようです。

周囲の認識も、
昔から言われていることであれば
挨拶の範囲は
共通認識として存在しますので、
当たり障りない
常識の範囲内
といえると思います。

あとは、住んでみてから
必要であれば範囲を広げて
挨拶をしていくと
よいのではないでしょうか。

引っ越しの挨拶は、
その地域に住んでいる人が
お互いに気持ちよく
住み続けられるためのマナーだと思います。

最初に挨拶をしておけば、
今後の関係は
スムーズになりますので、
迷うようなら
進んで挨拶をしていきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする