花粉症と肌荒れの知られざる関連性!?早めの対策と原因を知ろう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





花粉症と言えば、鼻水や目のかゆみ、
想像するだけでムズムズ反応する人も
いることでしょう。

花粉症だな、と気づくころに、
肌荒れも気になるようなことは
ありませんか?

その肌荒れ、
実は花粉症からきているのかもしれません。

花粉症による不調は、
出来るだけ抑えたいものです。

それでは、

花粉症と肌荒れの関係、その対策法をご紹介致します。

花粉症で肌荒れはひどくなる?

スポンサードリンク

花粉症は肌荒れの原因になる

と言われています。

花粉が原因で、
アレルギー反応を起こすことによって、
つい目を擦ったり、鼻を頻繁にかんだりと
いうことがありますよね。

花粉症が肌荒れの原因となる理由は、
主に3つ考えられています。

1.肌への摩擦が多くなって肌荒れがひどくなります。

目や鼻の周りを掻いたりこすったり、
ティッシュでの刺激を与えたりすることが
多くなると、お肌のバリア機能が低下し、
普段より、肌に加わる摩擦が多いため、
肌荒れがひどくなります。

マスクも摩擦になることから、
マスクと肌が触れ合う部分にも、
かゆみや不快感を引き起こすこともあります。

2.花粉が肌につくことでアレルギー反応が起こり肌荒れがひどくなります

飛んでいる花粉にお肌が反応して
アレルギー反応を起こすと、
赤みを帯びた湿疹が出来たり、
かゆみを感じたり、ヒリヒリと感じたり、
乾燥してカサカサになったりする症状が出てきます。

こういった花粉の季節に現れる症状を、
花粉症皮膚炎と呼んでいる様です。

3.紫外線による悪影響によって肌荒れがひどくなります

一年で花粉が一番多く広がると言われる春は、
紫外線の量も増加傾向にあり、
お肌への負担も増える季節です。

季節の特徴から、紫外線の影響を受けやすく、
肌荒れを引き起こすと考えられています。

目や鼻の不調とともに、
お肌にも悪影響が広がるのは本当に厄介です。

花粉症による肌荒れの対策方法は?


このように、花粉症から肌荒れへ発展したり、
花粉そのものが肌に付着して
アレルギー反応を起こしたりすることが、
肌荒れの原因と考えられます。

この原因を取り除くには、
どうすれば良いのでしょうか。
具体的な対策法をご紹介致します。

1.肌への摩擦を最低限に抑えましょう

やわらかいティッシュを使用することが
第一です。

体験談としては、家で鼻をかむときは
ティッシュを使わずに、洗面所で
お湯を流しながら手でかんでいます。

お肌への摩擦が増えると、
乾燥してしまいがちです。
お肌の乾燥は、
肌荒れの原因となりますので、
保湿に心がけましょう。

基礎化粧品は保湿機能の高いものを
心がけてください。

2.花粉が付かないようにする、付いたらすぐに取り除く

外出時には、
マスクは必需品としている方が多いと思います。
マスクは、鼻から花粉が入ってくることを防ぎ、
顔を覆うことで顔に花粉が付着することも
防ぐことが出来ます。

化粧品についても注意が必要です。

油分には花粉が付きやすいので、

・クリームタイプのファンデーション
・ポイントメイク

は、花粉の時期には不向きです。

出来るだけ

・パウダータイプのファンデーションで仕上げる

と、花粉の付着を最低限に防ぐことが出来ます。

帰宅後は、
衣服の花粉をサッと落とすように
はたいてから家に入ることを心がけましょう。

出来れば、帰宅後すぐにお化粧も落として、
洗顔すると良いです。

化粧品による肌の負担を感じやすいときは、
化粧を落としている方が
肌に良い場合があります。

化粧をすることで
花粉の付着を防ぐこともできる反面、
花粉症による肌機能の低下で、
化粧品自体にアレルギー反応を
起こしてしまう場合もあります。

花粉の時期は、肌も敏感になりやすいので、
今まで使用していた化粧品が
突然合わなくなることも多くあります。

自分の肌に合っているかどうか、
日々確認しながら肌と向き合ってください。

3.日々の食事・睡眠も質の良いものを心がけましょう

花粉症に関わらず、日々の生活は、
肌荒れと深い関係があります。

ストレスや睡眠不足、偏った食事などは
肌の機能を低下させる原因となります。

花粉症の時期は特に気を配りましょう。

まとめ


花粉症と肌荒れについての情報を
ご紹介致しました。

私も肌荒れには年中悩まされており、
毎年花粉症の時期は特に気になります。

悪化する前に、
皮膚科などの専門医に相談することも
大切です。

肌荒れは女性にとって、
気分の低下にもつながることだと思います。
出来るだけ症状を小さくできるように
過ごしていけることを願っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする