ランドセルの色で後悔した体験談!高学年になってから後悔しない為に

学校のあれこれ

一年生に合わせて購入したランドセル。

 

最初は喜んで登校していたけれど、
ふと周囲を見ると
みんな普通のランドセルがほとんど。

 

うちの子は、張り切って
色もデザインもこだわって
ほぼオーダーメイドなランドセルにしたけど、
親は早くも後悔し始めている…。

 

値段もしただけに使い続けてもらいたい、
でもこのまま高学年まで使い続けられるか
すでに不安を感じ、
後悔しているママもいるようです。

 

それでは、
いろいろ選べるからこそ慎重に!
後悔しないランドセル選び
こちらです。

 

ランドセルの色で後になって後悔したこと

スポンサードリンク

 

1. クラスで一人だけ違う色で、子供がみんなと自分だけ違うことを気にするようになった

選んでいるときは、数ある商品から
親子でお気に入りのランドセルを選びますが、
使用するときは他の子供の中に入って
ランドセルを毎日使うことになります。

大多数のランドセルの色が同系色で、
わが子だけ奇抜に異なることになると
後から気づくため、
自分だけ違うことに
後悔する気持ちにつながります。

 

こちらの記事も参考にどうぞ
ランドセルの色でいじめ!?子供に親が教えてあげられること

2.定番は機能的で使いやすい

ランドセルの蓋のデザインが、
半かぶせで開けやすいと思ったけれど、
誰かに開けられやすいことにもなると
後から気づきました。

 

やはり、昔からの全かぶせの
開ける金具が下についているデザインが
使いやすいのかもしれません。

 

定番のデザインが支持されている理由は、
やはり機能的であるということだと思います。

 

3. デザイン・色が変わっているため不審者に覚えられやすい

防犯面において、個性的なランドセルは
目印にされることがあります。

 

わが子の小学校では、
名札は登校してから教室でつけて、
下校時には名札を学校に預けて
下校しています。

 

登下校中に名前を特定されない試みは
多数あります。

ランドセルが特別変わっていると、
不特定多数の人に目につきやすいことが
あるようです。

 

ランドセルを選ぶときのポイントは?

 

定番のランドセル以外の物を選ぶときの
一番のポイントは、
6年間使うということを
子供が理解してから選ぶことです。

 

途中で嫌になった、
みんなと違うから嫌になった、と言っても
買い換えは絶対に出来ないということを
説明しましょう。

 

子供に伝えて確認しておくことは、
こちらです。

 

  • 今は好きな色・デザインでも、
    高学年になっても
    同じものを使い続けられるか
  • みんなと一人だけ異なるかもしれない、
    それでもOKか

 

親がしておくと良い下調べは、こちらです。

  • 6年間の無料修理保証が
    ついているかどうか
  • ランドセルの形状で、
    縦長・横長・A4サイズ適用などの
    指定があるかどうか
  • 禁止の色やデザインなど、
    学校独自の規定があるかどうか
  • すでに小学生がいる親に、
    ランドセルの色の傾向を
    聞きとれるようなら聞いておく

 

それにしてもランドセルは
なぜこんなにカラフルになったのか?
気になるあなたはこちらの記事もオススメ。

100色以上!?ランドセルがカラフルなのはなぜ?色で後悔しない?

 

まとめ

 

ランドセルは、飽きない定番・シンプルが
一番だと思う親子もいれば、
自分が気に入ったのを選んで
大切に使用したいと思う親子もいると思います。

 

みんなと同じが良いという理由も、
自分が好きなものが良いという理由も
色々あってOKです。

 

後悔しないランドセル選びは、
子供の気持ちを聞き取って、
親子で納得してから
購入することにあるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました