お年玉のお礼はするべき!?どんなお返しならマナーが良い?

季節のイベント

 

子どものころは、
ただ嬉しいだけだったお年玉。

大人になると、
子どもを通じていただく側になります。

 

 

子どもへのお年玉と言っても、

親としてはお金をもらいっぱなしで
いいのだろうか…

と、とても気になります。
お年玉にはお返しは必要なのでしょうか?

 

それでは、お年玉のお返しと
その方法についてご紹介致します。

お年玉のお礼はしなきゃだめ?

スポンサードリンク

 

お年玉は、昔、神様から
新年に授かる魂(たましい)を意味していたようです。

 

神様にお供えをしたお餅を
年少者に分け与えたことから始まったようです。

 

時代とともに、お餅がお金へと変化し、
親族や両親が子どもへ
現金のお年玉を渡すようになっていった
という背景があるようです。

 

お年玉の「たま」は、
神様の魂の「たま」からきていると
言われています。

 

そこで本題ですが、

現代でのお年玉というものは、
大人が成人していない子どもへ渡すものですので、

基本的にお返しやお礼は必要ない

とされているようです。

 

しかし親としては、
「もらうだけ」「もらいっぱなし」
の立場というのは
相手に対して申し訳ない気持ちを
抱いてしまうことが多いですよね。

 

では、どうやってお礼をすればいいの?

お年玉を渡す人への
感謝の気持ちを表現するために、
まず、

子供にお年玉の受け取り方を
しっかりと伝えておくことは重要です。

 

『両手でしっかりと受け取ろうね。
いただいたら
【ありがとうございます】と言おうね。』

 

また、

【お年玉の中身はその場では開けない】
【もらったらママにいったん預ける】

など、お年玉について伝えておきましょう。

 

子どもであっても

「ありがとうございます」

という気持ちは、
最低限伝えるのが礼儀ですよね。

 

 

親としてはどんなお礼をするのがいい?

お年玉にお礼は必要ないと言っても、
子どもがいるのはうちの家族だけだし、
しばらくその状況が続きそう…

となると、
何かお返しをしたくなる気持ちにもなります。

そんな時、お年玉とは別の場所で
お返しをしてみてはいかがでしょうか。

 

お年玉をもらって、
その場ですぐにお礼をすると、
なんとなくお年玉をもらえる前提で
事前準備というような印象を与える
場合があります。

 

後日、別の機会に、

「いつも何かと
子どもによくしていただいていますので…」

という感謝の気持ちとともに
手土産程度のものを渡すのがスマートです。

 

出来れば、お互いに気を遣い過ぎなくても良い
消え物(お茶菓子など)や、
旅行の際のお土産などで、
金額もお年玉の金額程度のものが良さそうです。

 

 

体験談としては、
お年玉に対してお返しやお礼は
してこなかったです。

両親からは
(両親から自分の子どもへ渡す、
両親から見たら孫に渡す)
かなり近い身内として、

「もらうだけでいいのがお年玉」

と言われました。

 

お正月くらいにしか会わない親戚からは、

「普段合わないのだから
お正月くらい子どもに
何かさせて欲しい」

という気持ちだと聞いたため、
お礼はしていません。

 

親戚、両親といった間柄にもよりますが、

「お年玉に対するお返しです」

と明らかにわかる表現としてのお返しは、
相手に気を遣わせてしまうような気がします。

 

やはり、別の場面で、
ちょっとした手土産程度のものを渡したり、

子どもの近況報告を
電話やメール添付の写真などでする事で
気持ちを伝える方が喜ばれているように感じます。

 

お年玉を渡す方も、おそらく

【子どもが喜ぶ姿をただ見たいから】

というところで
いったん完結しているのではないでしょうか。

 

年長者になればなるほど、
生きている間に子ども(孫、ひ孫)に対して、

【してあげられることはしたい】

という気持ちが強いように感じます。

 

まとめ

 

・お年玉のお礼は必要か?

・お礼をするとしたらどういったものがいいか?

についてご紹介致しました。

 

新しい一年を気持ちよくスタートできるように、
一つ疑問点を解決できるヒントになれば
良いなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました