お年玉をあげる子どもの数が違う場合!?いくらずつあげるべき?

季節のイベント

 

お正月、親戚同士の集まりで
恒例なのが【お年玉の交換】ですね。

 

子どもにとっては
とても嬉しいお正月です。

しかし、親にとっては、
子ども相手といっても

【お金を渡す】

という、現実的には
お金の受け渡しの場でもあります。

 

 

子どもが多い家族には
お年玉は多く渡りますし、
子どもが少なければ
その分お年玉も少なくなりますよね。

 

そのあたり、
金額の調整は必要なのでしょうか?

 

それでは、子どもの数がそれぞれ違う場での
お年玉に金額について、
体験談を通しての考察をご紹介致します。

 

自分より相手の子どもが多い場合 いくらあげる?

スポンサードリンク

 

お年玉は、

子ども一人に対して一つのお年玉を渡すのが

一般的のようです。

 

そのときに、お互いの子どもの数が異なる場合、
親としては気になることもありますよね。

体験談として、
一つの事例をご紹介致します。

 

・姉家族に子ども2人

・妹家族に子どもなし

・私家族に子ども1人

の時期の場合

 

子どもの人数に合わせて
みんなで同額のお年玉を渡しています。

つまり、金額については、
子どもの数が多いほど、
あげるお年玉の合計金額は多くなります。

 

自分より相手の方が子どもが少ない場合 いくらあげる?

 

・姉家族に子ども2人

・妹家族に子どもなし

・私家族に子ども1人

の時期の場合

 

二人分のお年玉を受け取った姉家族は、
私家族に対して1人分のお年玉を渡します。

また、妹家族には子どもがいませんので、
お年玉は渡しません。

でも、妹は私と姉の子供たちにお年玉をくれます。

 

わが家では、
家族間の子どもの数に関わらず、
金額は子どもの年齢に応じて同率です。

お年玉は子ども一人に対して一つ渡します。

 

お年玉の金額の決め方は?

私の親族間では、
お年玉は子どもの年齢に応じて決めています。

 

赤ちゃんから小学6年生までは1000円
中学生は3000円
高校生は5000円
大学生は、未定。

 

大体このような取り決めを
事前に親同士で話し合って決めています

 

子どもの数については、
仕方ないということで
お互いが了承し合っています。

 

姉が子ども2人で
一番多くお年玉をもらう側ですので、
一時期、お年玉とは別に、
プラスお菓子や、図書カードを
くれていたこともありました。

 

お年玉は親同士が決めるものと言っても、
やはり中心は子どもだと思います。

【お年玉の合計金額を平等にするべき】

親が思うのなら、
事前に親同士で
お年玉の金額について話し合うのが
一番の解決策です。

 

お年玉の金額の差異が どうしても気になる場合はどうしたらいい?

 

もらいすぎている側は、
例えば誕生日や
その他のちょっとしたお土産などを
プレゼントするというように、
お年玉以外の場面で調整していくと
スムーズだと思います。

 

渡すだけでもらえない側は、

「子どもに対するお年玉なんだから」

という割り切った考え方も
必要ではないでしょうか。

 

自分が子どもの時、
親もきっとそんな立場だったことも
あると思います。

子どもの頃は
ただもらって喜んでいましたよね。

大人になればお年玉を用意する側になり、
役割が変化したと思考を変えていくと
良いと思います。

 

大人になってから
周囲の親族と比べるより、
自分自身の子どもの頃と、
大人になってからの立場を
比べる方が良いと思います。

 

まとめ

お年玉の金額と、
子どもの数について
具体的な事例を紹介しながら
考察してきました。
わが家の親族間では、

「子どもの数がお年玉の数」

と割り切っています。

 

差異が気になる場合は、
お年玉以外の場面で
受け渡しの場を自然に作っていくと、
親族間のわだかまりも
少なくなっていくように感じます。

 

お年玉については、
それぞれの考え方があるかと思います。

ですので、お年玉の交換をする前に、
大人同士で金額について
ある程度のルールを決めておくことで、
一番問題が少なくスムーズな関係が続くのでは
ないでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました