初の海外旅行!飛行機に乗る時メイクしたまま?マナーは?

お出かけ&旅行

海外旅行では、長時間のフライトとなります。

 

機内で一泊する場合、
女子にとって気になるのはメイク事情。

 

飛行機に乗る時は、メイクしたまま?
それともノーメイクで?

 

 

飛行機内でのメイク落としや、
翌日のメイクはどこでどうすれば良いの?

 

女性であるたしなみと、
周囲への配慮も含めて、
メイクマナーを知っておきたいものです。

 

それでは、飛行機に乗る時のメイク、
どうしたらいい?の
疑問にお答えいたします。

 

飛行機に乗る時のメイク みんなどうしてる?

スポンサードリンク

 

  • ノーメイクで、マスク持参
  • 眉と口紅だけというような、
    各個人の最低限のメイクにしている
  • 乾燥対策を重視して、マスクは必須。
    メイクは、ふき取りクレンジングで
    取れるくらいで簡単にしておく

 

 

飛行機に乗る時のメイク事情は、
簡単に落とせる範囲の
ポイントメイクだけしておく、
という意見が多いようです。

 

マスカラやこってりファンデーションは、
クレンジングに手間がかかることもあるため、
避けていく方が良いと思います。

 

また、日本人がよくする風貌を変えるほどのメイクは海外の方から見て驚かれてしまう事もあるそうなので、ナチュラルメイクは心がけた方が良さそうです。

 

体験談としては、
時刻が夕方から夜にかけての場合は特に、
マスクをしている女性が目につきます。

 

メイクしているか・していないかは、
そこまで気に掛けないため、
自分が思っているほど
気にしなくても良いかもしれません。

 

ただ、
メイクはマナー、
ノーメイクで外出なんて出来ない、
という気持ちが強ければ、
飛行機内でのクレンジングに
手間取らない範囲内で
メイクを調整してみましょう。

 

空港のトイレでクレンジングを済ませてから
飛行機内はノーメイクで、
という方法もあるようです。

 

 

飛行機内は、乾燥対策も必要です。

 

マスクは保湿も期待できるため、
必須アイテムといってよいくらい
活躍してくれます。

 

飛行機内やトイレでメイクを直すのは マナー違反?

 

飛行機内でメイクをすることは可能です。

 

ただ、周囲への配慮はしたところで、
座席事情にもよりますが、
両隣が見知らぬ人の場合は
座席でのメイクやメイク直しは
出来るだけ控えた方が良さそうです。

 

周囲が知り合いである、
隣の人が席を立っているなどで、
人の目が気にならない場合は、
座席でサッと
メイクを直すこともありかもしれません。

 

飛行機内では、トイレも狭いし落ち着かないため、
空港やホテルについてから
ゆっくりとメイクするという人もいるようです。

 

飛行機は、不特定多数の人が集まって利用する
公共の場でもあるため、
自分だけの常識がマナーではないということは
認識しておく必要はあると思います。

 

メイクするのがマナーで
ノーメイクは失礼にあたるという
考えの人もいれば、
公共の場でメイクをするのは
非常識と感じている人もいます。

 

公共の場は、お互いに仕方ない、
嫌だけど黙っておこう、という
気持ちのやり取りの場でもあると思います。

 

周囲に不快な気分を与えない
最低限の常識の境界線は難しいですが、
飛行機内は
自分だけが利用している場所ではない
ということを踏まえた行動が、
女性としてのたしなみとマナーだと思います。

 

 

飛行機内やトイレで
メイクを直すのはマナー違反かどうか。

 

自分だけが利用しているのではない、
ということを念頭に置いて、
トイレでメイク直しのタイミングを、
調整することがマナーだと思います。

 

特に、トイレが混雑しがちな離陸体勢前は、
長時間の利用は避けることが
周囲へのマナーだと思います。

 

まとめ

 

飛行機に乗る時のメイクについて
ご紹介致しました。

 

ノーメイクやポイントメイクのみ、というように
クレンジング事情に重点を置いて
普段とは異なるメイク方法を選んでいるようです。

 

公共の場である飛行機内という環境を考えると、
あえてメイクをしないマナーもあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました