世間知らずって言われる!? 新年の挨拶はいつまでしていいの!?

疑問解決法

新年を気持ち良く迎える為にも、挨拶ってとても大事ですよね。

ビジネスでも同じことが言えます♪

しっかり挨拶をして出来る人と思われたいものです!

 

 

でも新年の挨拶はいつまでしていいのか悩む方も多いはず…

 

世間知らずとは思われたくない!

そんなあなたに!

 

今回は、新年の挨拶をしていい期間、

役立つ例文をご紹介いたします♪

 

是非参考にしてみてください♪

 

新年のあいさつは1月の何日?までして良いの?

スポンサードリンク

 

新年の挨拶は1/7(松の内)までが目安とされています。

ちなみに松の内とは、お正月の飾りを飾って置く期間を指します。

 

また、関西地方では15日とされていたり

地域によって期間が違うので、その場その場で臨機応変に…。

仕事始めの週は新年の挨拶をするのが一般的です。

また挨拶が遅くなりすぎては

失礼と思われることもあるので注意が必要です!

 

相手が喪中の場合もあるので迷った場合は、

「今年も宜しくお願い致します」と挨拶するのが

無難と言えるでしょう♪

 

メールの場合の新年の挨拶は?

 

メールの場合は、

仕事始めのその日に挨拶するのがマナーなのです!

 

仕事始めは色々忙しくメールを送れなかった…

なんて事もあると思います。

 

その次の日でも良いので、

なるべく早く送るのがベストでしょう!

 

また、Bcc等の複数の人宛での送信は

相手にとって失礼になる事もありますので

なるべくしないようにしましょう。

 

新年の挨拶の例文

 

新年の挨拶の例文をご紹介します!

 

 

例文1

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。

〇〇様におきましても本年も、より一層のご支援を賜りますよう

心よりお願い申し上げます。

 

 

例文2

 

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを

心掛ける所存でございますので

何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

例文3

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。

本年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 

 

 

挨拶をして気持ちの良い新年を

 

挨拶をされて嫌な人はいないと思います。

新年の挨拶も同じことです。

挨拶をしっかりしてお互い気持ち良く新年を迎えたいものですね♪

 

マナーをしっかり守って出来る人と思われちゃいましょう♪

新年、新たな気持ちでお仕事頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました