上司にプレゼントあげるのって迷惑?無難な物って何だろう?

お仕事

仕事だけの関係ではあるものの、
ふとしたきっかけで
上司に迷惑をかけてしまった!!

 

何か贈り物を添えて、最後の謝罪を伝えたい。

 

そう思っているけど、
上司に渡すプレゼントって、
どんなものがいいの?

 

かえって迷惑がられるのは絶対避けたい!

上司にあげるプレゼントについて
一緒に考えていきましょう。

 

上司にプレゼントを贈る際のマナー

スポンサードリンク

 

ビジネスシーンでの謝罪では、
菓子折り持参で…ということもあります。

 

定番となっている羊羹(ようかん)は、
菓子自体に重さがある分、
事態を重く受け止めているという
気持ちを込めたものといういわれもあります。

日本の文化って面白いですよねえ。

 

こういった謝罪の気持ちを伝える場では、
気持ちをかたちに表現して
相手に伝えるということはよくある事です。

 

しかし、謝罪のために
日ごろお世話になっている上司に
何かプレゼントをしたい、
でも菓子折り持ってまでかしこまったものは、
なんだか場違いな気もする…。

 

入社数年の若手がするには
身分不相応にも感じるような…と、
違和感もあります。

 

 

上司にプレゼントを贈る際のマナーは、
まず言葉が第一です。

 

上司への謝罪の方法

  1. 自分のミスの内容を受け止める
  2. 今後に向けての改善点や
    心構えを簡潔に述べる。
  3. ミスの原因は、上司に聞かれてから述べる。

 

伝える時の表情、口調、身なり
相手に謝罪の気持ちを伝えるための
大きなポイントです。

 

そのうえで、
謝罪の気持ちをかたちにしたプレゼントに
意味が出来ると思います。

 

 

上司にプレゼントを贈る場合は、
失礼に当たるものがあります。

 

  • 文房具類
    (もっと勉学に励むべき、という意味があります)
  • ハンカチやタオル
    (縁を切る、別れという意味があります)
  • 靴下
    (相手を踏みつけるという意味があります)
  • 商品券のような金券
    (プレゼントを相手に選ばせるため、
    気持ちが込められていないと解釈されます)
  • 量が多すぎる、好みではない嗜好品
    (もらっても困るものは、迷惑です)

 

文房具は知りませんでした!

これはけっこーやっちゃってる人多そうですね。

 

まず、上司に対するプレゼントとして
ふさわしくないものは、避けましょう。

 

そのうえで、気持ちを伝えるために
相手が喜んでくれそうなものを考えて、
プレゼントしましょう。

 

 

上司へのプレゼント、おすすめは…

 

消え物で、

ちょっと良いものが、おすすめです。

 

謝罪の気持ちを伝える時に、
気持ちとしてプレゼントするのであれば、
お互いに後々まで引きずりたくないと思います。

 

ずっと残るものではなく、
消耗品や食べ物のような、
消えてなくなるものが
良いのではないでしょうか。

 

ひとりだけでこっそり食べたくなるような
ちょっと良いお店のお菓子、
ティーパックに入った美味しい紅茶や
ハーブティー、コーヒーのような飲み物は
無難に喜ばれるのではないでしょうか。

 

飲み物だと、
カフェインは苦手という場合もあるため、
日頃から好きで飲んでいるかどうかをリサーチしておいた方が良いですね。

 

重過ぎず、かさ張らず、
持ち帰りやすいものを選ぶことも、
上司への気遣いに含まれます。

 

謝罪の気持ち、お詫び、
今後の決心を込めたプレゼントです。

 

気持ちを形にするという意味では、
自分用にも同じものを
用意するのも良いと思います。

 

帰宅してその品を見てかみしめながら、
二度と同じ過ちをしないという
自分への決意のために、
上司と一緒のプレゼントを
自分用にも準備してみましょう。

 

みんながもらって 迷惑だったプレゼントって?

 

贈り物は、送る側ともらう側の気持ちに
差がある場合もあります。

 

贈る側は気持ちを込めたつもりでも、
もらう側にしてみれば
これは迷惑だったな…というプレゼントも
あるようです。

 

うれしいけど、ちょっと迷惑だったプレゼントは?

 

  • 生もの賞味期限が短いもので、
    食べるのに必死だった
  • 好きではない物だった
    (飲めないお酒、食べられないチョコレートなど)
  • 香り系
    (石鹸、香水、キャンドル、入浴剤)

 

喜ぶ人が限定されるものは、
避けた方が良さそうです。

 

女性なら喜ぶだろうと思われがちな
石鹸、香水、キャンドル、入浴剤も、
好みが分かれます。

 

お値段もお手頃で、
見た目にもおしゃれなものであるため、
ついプレゼントに選びがちですが、
そういったものはもらう機会も多く、
使わずじまいでたまっているという場合も
あるようです。

 

相手に喜んで欲しい、という気持ちを
物にして伝えるのは、
実は難しいなと思いました。

 

プレゼントを贈る側は、
まずは相手が困らないものを選ぶということを
心がけると良いと思います。

 

そのうえで、それでも相手が迷惑だな、困るな、と
思うことはあるかもしれません。

 

しかし、気持ちを込めて選んだものであれば、
プレゼントに込められた謝罪や感謝の気持ちは
伝わると思います。

 

プレゼントをしたあと、
その物の行方は相手に任せて、
プレゼントが渡った時点で
送った側は一旦終了として良いと思います。

 

物を渡して相手に喜んで欲しい気持ちと、
物を渡して謝罪や感謝の気持ちを伝えたい気持ちは
別にしても良いのではないでしょうか。

 

謝罪の時に、プレゼントも一緒に渡したい。

 

上司に迷惑をかけたな、申し訳ないな、
迷惑かけた分すこしでも家で
ゆっくりしてもらいたいなという気持ちの延長に、
プレゼントを用意したいという気持ちが
あると思います。

 

謝罪の気持ちをかたちにしたプレゼントに
意味を持たせる方法は、
やはり謝罪の気持ちを明確に表現した
言葉だと思います。

 

それから、二度と同じ失敗をしない事もですね!

まとめ

 

お世話になっている上司に
迷惑をかけたときの、無難なプレゼントについて
ご紹介致しました。

 

まずは、謝罪を言葉で伝え、
上司には贈ってはいけない贈り物、
もらって迷惑と感じられやすいものは避けて、
プレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました