ナシ婚!?結婚式を挙げないと後悔するか心配なら読んどけ!

結婚&結婚生活

 

子どもの頃の女子は、

【結婚と言えば
純白のドレスに
バージンロード…】

というようなイメージを
抱いいたことが多いと思います。

昨今、結婚式の形態も多様化し、
時代とともに結婚式の定番、
という概念も崩壊している
傾向にあります。

 

子どもの頃に抱いていた
憧れとは裏腹に、
いざ自分が結婚するとなると、

「結婚式は挙げない
選択もありかも?!」

と感じることも
あるのではないでしょうか。

 

 

では、自分はどうしたいのか…。

本当に結婚式、
挙げなくても後悔しない?

やっぱり挙げた方が良いのかな?

 

そんな迷える女子に、
あなたが後悔しない結婚式について
ご提案いたします。

 

結婚式を挙げないで後悔している人はけっこういる?

スポンサードリンク

 

「後から思うと
結婚式は挙げたほうが良かったな」

「今更だけど結婚式しようかな」

と結婚をしてから後悔する人は
一定数いるようです。

 

男性より女性が後悔する
ということが多い傾向です。

 

まずは挙げなかった人の理由と
今の気持ちの事例をご紹介致します。

 

結婚式挙げなかった人

(理由は?)

  • 経済的に結婚式の費用を
    準備できなかったので、
    挙げませんでした。
    現実的な新居や生活費を
    まず優先したいという気持ちの結果、
    「結婚式は挙げない」
    という選択をしました。
  • 結婚式を挙げるまでの
    準備が大変そうで、
    日常生活を優先させたかったため、
    挙げませんでした。
  • 遠距離恋愛ののちの結婚のため、
    式を挙げるうえで
    両方の親族に移動手段で
    迷惑がかかりそうで辞めました。
  • 自分が主役になる場面に憧れがなく、
    目立つのが苦手な為、
    結婚式自体に魅力を感じませんでした。

 

(挙げなかった感想は?)

  • 友人の結婚式に招待されると、
    やっぱりきれいだし、
    特別な日だし、
    自分もしておけばよかったかな、
    とうらやましい気持ちになります。
  • 両親は、
    「結婚式挙げる・挙げないは
    本人たちが決めたらよい」
    と言っていたけれど、
    姉妹が結婚式を挙げた時の喜び方が
    想像以上だったので、
    きっと自分の時も
    本当は挙げて欲しかったんだろうな、
    と親の気持ちを
    後から知ると後悔しました。
  • 親族や友人への結婚報告に
    手間と時間がかかりました。
  • 新婚旅行に費用と
    会社の休日を回せたので、
    ゆっくり旅行が出来ました。
  • 住居や家具の準備を、
    時間も費用も落ち着いて
    進められたので良かったです。

 

 

このように挙げなかった人の理由は、
お金・時間をかけたい部分が
結婚式ではなかった
という理由が多い傾向です。

 

後悔する人の理由としては、
「本当は挙げたかったけれど…」
という気持ちが少しでもあった場合、
後になるほど後悔することが
多いのではないでしょうか。

「現状を考えると
仕方ないから結婚式は挙げない」
と自分を納得させながら
挙げない選択をしていた場合です。

 

上げなくても後悔しない方法はある?

「結婚式を挙げない」
という選択は、
新婚となる二人が
一緒に決めましょう。

 

【結婚式は女性が主役】
という傾向が強いですが、
男性側も一緒に考えましょう。

男性側は、
「女性が好きなようにすればよい」
という気持ちだけではなく、
男性側の両親の気持ちや、
周囲に既婚者が増えていく
時期のことを想定し、
今は良くても
年月が経つと後悔しないかどうか
という点も考えて
二人で決断をしましょう。

 

結婚式のかたちは、
昨今は多様化しています。

 

結婚式は費用と時間が
かかるだけのものではありません。

「結婚式は挙げなかったけれど、
これだけはしました」
という事例をご紹介致します。

 

  • 記念写真だけを撮りました。
    ドレス、和装、納得のいく衣装で、
    かたちに残せて満足です。
    写真撮影までにも、
    衣装の選択の時間、
    メイクやヘアスタイルを
    プロにお任せ出来て、
    花嫁気分を体験できました。
  • お互いの両親と近親者のみを集めて
    会食の場を設けました。
    個室でそれなりの場所は選びましたが、
    堅苦しすぎず、
    私たちらしい方法で
    結婚の報告と
    気持ちの整理が出来ました。

 

結婚式を挙げる理由は何でしょうか。

  • 両親への感謝の気持ち
  • 結婚するというけじめ
  • 衣装を着たい
  • 想い出に残したい

様々な気持ちがあると思います。

 

結婚式の形態が
自由になってきているということは、
選択の幅も多数あるということです。

結婚をする自分たちが、
「結婚式どうする…?!」
と迷ったときは…?

 

まずは、

「もしも結婚式を挙げたとしたら
何が得られるかな」
「実現できるかな」

と考えてみてはいかがでしょうか。

もし結婚式を挙げたら得られる結果に、
どれだけ満足できるか、
必要だと感じるか
考えてみましょう。

 

そのうえで、

  • 自分たちにとっては
    結婚式を挙げない方が
    自分たちには合っている
  • 挙げなくても実現できる
  • 挙げないことで
    実現できることを優先したい

というように、
何を一番したいのかを
整理できると思います。

 

もしくは、
「やはり結婚式を挙ることで
自分たちが得たいことを実現できる」
と再考するかもしれません。

 

まとめ

結婚式を挙げなくて後悔、
挙げて後悔、
どちらにも
それぞれの気持ちがあるようです。

 

挙げた後悔より、
挙げなかった後悔のほうが多い
という統計もあるようです。

 

人は、どんな事柄においても
やってみて感じる後悔があります。

「やらなきゃよかった」
という気持ちです。

しかし、やってみて
知ることが出来る
経験は手に入ります。

一方、やらずに感じる後悔は、
やったときの結果も得られません。

進まず、なおかつ得られない。

 

こういった事実が
後悔の気持ちが
大きくなるのではないでしょうか。

 

結婚式を挙げて
得られることもありますし、
挙げなくて
得られることもあります。

どちらの選択をしても、
「あの時こうしておけばよかったかな…」
という気持ちは
少なからずあるでしょう。

 

「結婚式をどうしようか」
と考える時には、
まずは結婚当事者の考え
そして両親などの周囲の気持ちを考え、
最後にもう一度当事者が
総合的に考えてどう思うか
を考えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました